最強競馬ブログランキングへ

2024 弥生賞 予想 

【予想】 振り返ってみたら昨年は簡易版でした(◎ワンダイレクト)。 4強の精査をギッチリやって本格的な予想を作るか、大外の逃げ馬の単複を軽く買って流すかの2択というのが第一感。 とりあえず最終結論をどっちに振るかは置いておいて4強+1は見ておきます…

2024 中山記念 予想・回顧

【予想】 エルトンバローズ MC 基礎スピードと先行力を兼ね備えた安定感タイプ。精神力の補完もあるのである程度信頼を置ける馬質。脚質とタイプ的に上下の跳ね感・抑揚を出し辛いのでG1だと一歩足りないイメージになってしまう。 G1からのダウン、延長で前…

2024 フェブラリーS 予想・回顧

【予想】 オメガギネス M 砂被りも問題なく弱点が少ないのが1番の特徴。 ごまかしの効かない形の競馬になりがちで個体能力でどこまでかという構図。重賞未勝利で経験値が薄い割に馬券内のどこかにはいないといけない立ち位置で若干の苦しさはある。 悪い馬で…

2024 京都記念 予想・回顧

【予想】 開催終盤の外有利な馬場で馬群はバラける。広い京都外回りで摩擦はほぼ無く、頭数も揃いにくいため単調なパワー先行優位のレース質だが格は求められる。 2018年は重馬場10頭。 菊10人2着からクリンチャーが4人1着。 同じく菊2人7着の凡走後のアルア…

2024 東京新聞杯 予想・回顧

【予想】 昨年はマイルCS凡走後の逃げ馬ウインカーネリアンが1着。エリ女凡走からの短縮で逆ショッカーのナミュールが2着。 3〜5着はプレサージュリフト、ジャスティンカフェ、エアロロノアの差し勢が僅差で続く形。 一昨年は東京1800の条件戦上がりのイルー…

2024 根岸S 予想・回顧

【予想】 2023 レモンポップ 5歳 (根岸1人1着→フェ1人1着) 2022 テイエムサウスダン 5歳 (根岸6人1着→フェ5人2着) 2021 ワンダーリーデル 8歳 (根岸10人2着→フェ8人3着) 2020 モズアスコット 6歳 (根岸3人1着→フェ1人1着) 2019 ユラノト 5歳 (根岸3人2着→フ…

2024 AJCC 予想・回顧

【個別分析】 ボッケリーニ MC クラシックを全く使わずに4歳冬の中日新聞杯が初重賞挑戦で1着。6歳で目黒記念、7歳で鳴尾記念と、4年間に渡って重賞勝利。G1では掲示板すら無い馬だが、それにしてはかなりの馬質。 このメンバーの中では馬質はトップ。個体能…

2024 日経新春杯 回顧

【評価】 ◎ヒンドゥタイムズ ◯カレンルシェルブル ▲サヴォーナ 1着:ブローザホーン 今回のごまかしの効かない良馬場2400+1人気+外回しの体力要求に応えたのは立派。 ただこのくらいが上限のような印象で、G1での連対まではどうかというのが正直な所。道悪…

2024 日経新春杯 予想 

【個別分析】 ブローザホーン 心房細動明け。 体力主導というよりは、馬体の小ささから来るものなのか、道悪適性と強い前向きさ、精神力で力強く好走する個体。 単純に馬体が小さいのでタフな良馬場よりは道悪までいってしまった方が相対的に向くイメージも…

2023 有馬記念 予想 

◎タスティエーラ CS(L) しっかりと補完でLも保有した良質CS系イメージ。 皐月賞のようなピンポイントの最高打点比べだとソールオリエンスLSの方が上だが、完成度の高い精神構造を背景に幅広い条件で安定して高パフォーマンスを出せる個体。 派手なパフォーマ…

2023 阪神JF 予想 

【個別分析】 コラソンビート 精神力<フィジカル系のSLイメージ。新馬戦取りこぼしからの2戦目圧勝という形だが精神力系の挙動推移には見えず、寧ろダウン質でパフォーマンスを上げて来たという印象。そしてその後1400で好内容で連勝。このあたりの挙動から…

2023 チャンピオンズC 回顧

【評価】 ◎クラウンプライド ◯グロリアムンディ ▲テーオーケインズ 1着:レモンポップ MCS ここが最も向いている舞台という事ではないが基礎スピードと個体能力で押し切れてしまったという内容。 一時的な強いエネルギー放出に頼っている印象もなく、帝王賞…

2023 チャンピオンズC 予想 

【個別分析】 セラフィックコール LS+ 豊富な体力を突き動かす駆動がラストまで落ちないのが強み。並の体力系ならあれだけ捲って動くとラストはどうしてもダラっと雪崩れ込む形になりがちだが、この馬は直線で更に突き離せておりエンジンを2段階で使えるよ…

2023 ジャパンC 回顧

【評価】 ◎イクイノックス ◯スターズオンアース ▲タイトルホルダー △ダノンベルーガ ×リバティアイランド 1着:イクイノックス SCM量 文句なし。 S系の連チャンのようなエネルギーの昂りを感じさせない、単純に地力と心身の充実度の差による圧勝。 3歳春に余…

2023 ジャパンC 予想 

【個別分析】 イクイノックス SCM量 精神力、スピード、体力、パワー、全て高次元で兼ね備えている現役最強馬。 前走のハイペース追走押し切りは、これまで見せてこなかったような強い前向きさを感じさせる内容で、今もまだ成長しているイメージまで持てる。…

2023 マイルCS 回顧

【評価】 ◎シュネルマイスター ◯ジャスティンカフェ ▲ダノンザキッド △セリフォス △エルトンバローズ 1着:ナミュール LS(C) これまでは頼りない肉体だったのでダウンや少頭数等の緩くて軽いスピード質の条件の方が走りやすかったがここに来てパワーアップ。…

2023 マイルCS 予想 

【個別分析】 シュネルマイスター CSM 前走のラストで見せたように瞬発力もあるが、それ以上にトップスピードの持続力が特徴的。休み明けもこなせるがアップG1でも好走出来ているように精神構造もかなりしっかりしている。 昨年のこのレースはスローの瞬発力…

2023 エリザベス女王杯 回顧

【評価】 ◎ルージュエヴァイユ ◯ブレイディヴェーグ ▲ハーパー △ディヴィーナ ×アートハウス ×マリアエレーナ 1着:ブレイディヴェーグ SC(L)量 かなり力強い差し脚だったが、馬柱の印象よりはパワーがあるというのは予想記事で書いた通りで、3〜4角でインで…

2023 エリザベス女王杯 予想

【個別分析】 ブレイディヴェーグ LS(C) トップスピード能力の高い所謂ディープ産駒的なイメージの馬。 挙動を見ると馬柱の印象以上にはパワーも感じる走りで、精神構造もそこそこしっかりしていそうかなと。 前走は出負けした影響もあって差し届かなかった…

2023 天皇賞・秋 回顧

【評価】 ◎ドウデュース ◯イクイノックス 1着:イクイノックス CSM 元々持っていた精神構造の良質さと量の豊富さに加えて、基礎スピード、パワー、持続力とフィジカル面の能力がどんどんついて来て完成形に。 (例えばスピードはあるけど体力やパワーが弱いと…

2023 天皇賞・秋 予想 

【個別分析】 イクイノックス CSM 経験値が薄い中でも厳しいレース質の皐月賞連対があったり、元々精神構造が優秀な天才タイプではあったが3歳秋からフィジカル面のクオリティが追いついて現役最良質馬に。精神力主体だがそこにしっかりとパワーとスピードも…

2023 菊花賞 回顧

【評価】 ◎ソールオリエンス 1着:ドゥレッツァ SM 条件戦上がりの別路線組で経験値が薄かったがそれをカバーする逃げの位置取りで揉まれない形。マイナス面を消す事が出来たのでリズムと勢いを最大限活かす事が出来たという内容。 3000mの長距離G1を真っ当…

2023 菊花賞 予想

◎ソールオリエンス スピード<体力のゆったりとしたスケール感のある個体で広いコース向き。 中山20多頭数の皐月賞は本来キツい局面だったが道悪を最大限活かして最後方→大外という量的な競馬で1着。ダービーは上がり33.3ならこの馬としては物理的なスピード…

2023 秋華賞 回顧

【評価】 ◎リバティアイランド ◯ドゥーラ 1着:リバティアイランド LM 道悪、スローペース、揉まれない競馬で4角先頭ならタイプ的に何も問題ない。 スペースで話した通り、メンタルではなくフィジカル主導という事でデアリングタクトのイメージ。 3歳のJCま…

2023 秋華賞 予想 

【個別分析】 リバティアイランド LM 良い精神構造を持った所謂「良い馬」というよりは、パワーや体力、スピード等のフィジカル能力の優位性が大きい「強い馬」。ハイペースで体力要求の大きかった阪神JF、最後方からの大外一気でトップスピードの違いを見せ…

2023 スプリンターズS 回顧

【評価】 ◎ウインマーベル ◯アグリ △エイシンスポッター △キミワクイーン ×ピクシーナイト ☆モズメイメイ 時間が取れないのでほぼ馬券画像のみで。 当日ごちゃごちゃとポストしましたがママコチャもマッドクールも走れる想定はしていましたが能力面の評価で…

2023 スプリンターズS 予想 

【個別分析】 ナムラクレア スピード、パワーをバランス良く高次元で、そこに精神力と前向きさも兼ね備えていて完成度が高い。ただ何かG1級の武器を持っている訳ではないので、G3なら格で圧倒出来てもG1で地力勝負に出るとワンパンチ足りなくなってしまうイ…

2023 オールカマー 回顧

【評価】 ◎ノースブリッジ ◯ジェラルディーナ ▲タイトルホルダー 1着:ローシャムパーク LC 形としてはごっつぁんゴールという結果だが、1戦毎に成長して来たんだなと感じられる力強い挙動。 基本的に前向きさの強さは感じない、体力+精神力系の個体と見て…

2023 オールカマー 予想

【個別分析】 タイトルホルダー SC(L) 2000〜2200ベストのスピード主導の中距離馬なのにスタミナが豊富なので長距離でも対応出来ていた、緩い体力系の馬が多い長距離路線でこの馬の質の鋭さが違いを作れていたという見方。 単体の条件で見れば中山22のG2はか…

2023 セントウルS 回顧

【評価】 ◎ジャングロ ◯エイシンスポッター △ビッグシーザー 1着:テイエムスパーダ ①逃げられなかった逃げ馬の開放感による個体自身の跳ね。 ②逃げ+開幕週の高速馬場で摩擦を回避。 前走が開催後半の上がりの掛かるタフな馬場で外枠からの番手競馬。心身の…