最強競馬ブログランキングへ

2023 東京新聞杯 回顧

【評価】 ◎ウインカーネリアン ◯ファルコニア ▲ピンハイ △エアロロノア 1着:ウインカーネリアン ・G3以下なら先行力と対応力を活かして安定してまとめられるセカンドクラスの先行馬。 ・自身より強い相手を後ろから差すという資質は持っていない。 ・G1でも…

2023 東京新聞杯 予想 

【個別分析】 ①プリンスリターン ・スピードや体力等のフィジカル能力に頼らず、精神力の優位性で好走するタイプ。 ・道悪向きのタフさには欠けるので良馬場の持続質戦で。 ◯:競り合い、内枠 ×:道悪 1年2ヶ月ぶり。G3の多頭数の東京マイル内枠という条件自…

2023 シルクロードS 回顧

【評価】 ◎キルロード ◯マッドクール ▲シャインガーネット △トウシンマカオ ×ナムラクレア ×ウインマーベル 1着:ナムラクレア MS(C) 個体として1400寄りだからなのか、休み明けの始動戦で若干遅れを取ったのか、前向きさが主張されたS系のスプリンターとい…

名馬メモリアル トウカイテイオー

トウカイテイオー C+(LS) 1991皐月賞 1人気1着 少頭数から一気の頭数アップ格上げで大外から捲ってねじ伏せる競馬。圧倒的に強い。 1991ダービー 1人気1着 ここも同じく大外から。Sに頼らずに連続好走する挙動に肉体と精神両面の体力の豊富さを感じる。 199…

2023 シルクロードS 予想 

【個別分析】 ①シャインガーネット CM スピードも体力も中途半端なので派手なパフォーマンスは見られないが、精神構造がかなりしっかりしているのがこの馬の強み。低速の持続質戦でラスト100mの踏ん張り勝負のようなレースになると毎回しっかり顔を出してく…

2023 AJCC 回顧

【評価】 ◎ガイアフォース 1着:ノースブリッジ SL(C) 毎日王冠→秋天というレベルの高い中距離路線からのダウン+延長。少頭数らしい緩い流れにも関わらず馬群の中でしっかり我慢出来たのは大きかった。この辺はSL一辺倒ではなく一定の精神力も補完された完…

2023 AJCC 予想 

【個別分析】 ①レインカルナティオ LC 体力系だが一定の精神力があって悪い馬ではない。ただ単純に個体能力がOP上位くらいなのでこのメンバー相手でもやや見劣りはする。前走はそこそこの手応えもあった中で直線でがっつり挟まれて進路を完全に失っているの…

2023 日経新春杯 回顧

【評価】 ◎ロバートソンキー △ヤマニンゼスト △ヴェルトライゼンデ △プリマヴィスタ 1着:ヴェルトライゼンデ SM(C) オールカマーでの外を回しての負け方とJCのイン突き好走がセットでかなりC的な挙動だったが、精神力に寄っている個体ならこのタイミングで…

2023 日経新春杯 予想 

【個別分析】 ①ヤマニンゼスト LS 1勝クラスの勝ち上がり方は体力系らしい捲り圧勝。直後の藻岩山特別は交互のお休みっぽい挙動で凡走、馬体を絞っての神戸新聞杯激走まで込みで体力主体の交互駆動タイプという見方。神戸新聞杯のイン突きは精神力系の挙動と…

2023 中山金杯 予想

Cコース替わりでも内前有利とはならず、時計の掛かるタフな競馬になりやすいイメージ。 フェーングロッテン S 前向きさがかなり強くて一本調子なイメージが強いが、意外と控えても暴発する事なくコントロール出来るのでそれなりの精神構造は持っていそう。補…

2022 有馬記念 回顧

【評価】 ◎ジェラルディーナ ◯ディープボンド 1着:イクイノックス CS量 文句なし。確かに例年と比べるとスロー寄りの有馬記念となったので前傾ラップの消耗戦ではない。本当の意味でのタフさは要求されていないが、東京ベストのタイプが個体能力でねじ伏せ…

2022 有馬記念 予想 

【個別分析】 ①アカイイト LC 第一に体力が豊富で、タフなレースで強さを発揮する牝馬版のディープボンド。先行力がない分、どうしても外を回す形になってしまうのでディープボンドよりも展開待ちの要素が大きい。この枠を活かす形も難しいだろうし、牡馬の…

2022 朝日杯FS 回顧

【評価】 ◎ダノンタッチダウン ◯コーパスクリスティ ▲ドルチェモア 琢バグラダス 1着:ドルチェモア SM 脚質含め完成度に優位性があった。良い前向きさ、駆動を精神力でしっかりコントロール出来ているタイプだがSCというほどのスケール感は感じられない。こ…

2022 朝日杯FS 予想 

【個別分析】 ①キョウエイブリッサ ML 特に強調材料はなくもっさりとまとまっている。これは単純な横比較で前走の上2頭を上位に取れば良い。 ②ドルチェモア SL(C) 重さのあるパワータイプの先行馬。なんだかんだ経験値が薄く精神力や奥行きはまだ計れない。…

2022 阪神JF 回顧

【評価】 ◎サンティーテソーロ ◯リバーラ ▲ウンブライル ×ブトンドール ×モリアーナ 1着:リバティアイランド LS量 アルテミスの挙動がかなり非C的で、強い馬ならあれくらいの摩擦は耐えて抜けて来いとして評価を下げていた。前哨戦?なので無理に馬群を突か…

2022 阪神JF 予想 

【個別分析】 ①サンティーテソーロ S+ 2戦目の短縮でギアを入れてはっきりとSを表に出して来たタイプ。そのSを逃げで使うだけではなく、引き付けて直線で突き放す所でも使えるのはタイトルホルダー的なイメージ。格上げで苦を感じた時にどういう挙動になる…

2022 チャンピオンズC 回顧

【評価】 ◎グロリアムンディ ◯クラウンプライド ▲ハピ △ジュンライトボルト 1着:ジュンライトボルト SL 砂被り◯ 連チャンと言えば連チャンなのだが、高揚感のあるリズムに乗せてエネルギーの充実度を一時的にピークに持って来たイメージ。パンチは効いてい…

2022 チャンピオンズC 予想 

【個別分析】 ①グロリアムンディ SCM ダート馬らしい前向きさを前提として持ちながらもしっかりとCの後ろ支えがあるので不安定な方に傾いていない。オメガに飲まれてしまったアンタレス以外は格上げを全て難なくこなして来ている点も好感。能力は十分あって…

2022 ジャパンC 回顧

【評価】 ◎ユニコーンライオン 1着:ヴェラアズール LS G1.5 低レベルなメンバー+スローペースで格上げの苦がほぼ免除され、前走からのリズムのままの勝利。本質は前走のような休み明けの外ズドンタイプだと思うが今回はムーアの騎乗とそれに耐える為の鮮度…

2022  ジャパンC 予想 

【個別分析】 ①シムカミル 先行力はあるがスピードではなく体力で押し切っている印象。位置を取って持続質のレースに持ち込んで上がりのスピードを問われなければ。 ②オネスト 恐らく後方からの差し競馬。2走前の2000mへの対応は重馬場の恩恵がありそうでな…

2022 マイルCS 回顧

【評価】 ◎シュネルマイスター ◯ダノンザキッド ▲ソウルラッシュ △ウインカーネリアン 1着:セリフォス MS 近走の中では最も挙動に前向きさがあった。道中脚を溜めてスムーズに運べた事と、藤岡→レーンへの乗り替わりでの変化と見ておきたい。この馬に絶対的…

2022 マイルCS 予想 

【個別分析】 ソダシ 量SC G1 タイプ的にはSCだがそれ以上に量が前面に出ているのが特徴。自身が格的に優位な立場にいる時にかなり高いレベルのパフォーマンスを引き出せるのがこの馬の強さ。牝馬限定のVMがベスト条件で、脚質とSの強さからも高速スピードレ…

2022 エリザベス女王杯 回顧

【評価】 ◎ウインマイティー ◯アカイイト ▲ルビーカサブランカ 1着:ジェラルディーナ MSC量 G1.5 本格化を感じさせた前走から、個体の強さをそのまま引き出して来た。挙動が量的で本質が隠されている印象もあるが、本格化したここ2走の内容からはSC寄りの構…

2022 エリザベス女王杯 予想 

【個別分析】 ①クリノプレミアム LC G3 阪神1400の京都牝馬でスピード負けした後に延長1800体力質の中山牝馬で一気に巻き返しているように明確な体力系。東京でのVMと府中牝馬ではしっかりとスピード負けしており、合わない条件での凡走として酌量出来る。体…

2022 アルゼンチン共和国杯 回顧

【評価】 ◎テーオーロイヤル ◯ヒートオンビート ▲ラストドラフト △ダンディズム 1着:ブレークアップ LC G3〜G2 体力はそれなりにあるがそれを強いSで動かしているようなイメージではない。あくまで自身の体力なりに、という馬。レースレベルは高くないと思…

2022 アルゼンチン共和国杯 予想 

【個別分析】 テーオーロイヤル M(CL) G2 精神力保有のM系。前走の凡走の内容も悪くないし叩き2戦目の延長でしっかりまとめられるタイミング。圧倒的な能力と格というタイプではないので1人気で勝ち切るには相手が弱い必要がある。単発でSを使って来るような…

2022 天皇賞・秋 回顧

【評価】 ◎イクイノックス ◯ポタジェ ▲ジャックドール 1着:イクイノックス CS G1.5〜G1 まだ奥行きはありそうだが皐月賞の時より挙動の質を上げて来ている。東京の20とか24向きの王道タイプの繊細で崇高なCS系で、グランプリのような少しズレた体力舞台では…

2022 天皇賞・秋 予想 

【個別分析】 ①マリアエレーナ S(C) G3 体力があまりないタイプで、冬時期の荒れた馬場での重賞ではタフさに負けてしまっていたが、S要求の強い夏の小回りコースでの重賞をポンポンと2つ連対。脚質とSを最大限活かせるのがスピード質のレースでクルッと回る…

2022 菊花賞 回顧

【評価】 ◎ジャスティンパレス ◯ボルドグフーシュ ▲セレシオン 1着:アスクビクターモア MS G2 決して展開が向いただけではなく、このメンバー相手なら差しに回らずとも地力でなんとか押し切れたという内容。豊富な体力でこなしたというよりは、ハイペースを…

2022  菊花賞 予想 

【個別分析】 ①ガイアフォース SL 小型版キタサンブラック。体力とパワーが豊富な剛のタイプで、フレッシュなタイミングで重めの持続質レースを前目で押し切る形がベスト。鮮度があるので精神面のストレスは耐えられるタイミングだが、調教後馬体重で大きく…