最強競馬ブログランキングへ

賭ける魂

Mの法則を基にした競馬予想ブログです

回顧

エリザベス女王杯;回顧

2019.11.10 エリザベス女王杯37.6–1.02.2–2.02.4–2.14.1(34.6) スローペース 1着;ラッキーライラック SM延長ペースダウンだったが位置を下げる事によって自身のSをグッと溜め込んで直線で弾けさせた感じ。マイルとか中距離を先行して押し切るようなSをスロ…

アルゼンチン共和国杯;回顧

2019.11.3 アルゼンチン共和国杯東京芝2500 13頭2.31.5 スローペース 1着;ムイトオブリガード LC特にコメントはないかなぁ。LC系っぽいのでこういう軽い質の弱い相手のレースで先行してという競馬が良い。そう考えておくと逆質だった日経新春杯や大阪杯の内…

菊花賞;回顧

2019.10.20 菊花賞京都芝3000 18頭37.6–(1.02.4)–(2.05.3)–36.2 3.06.0 ミドルペース良馬場だったが前日の雨の影響か時計が掛かっておりタフなレースに。体力は確かに求められているがその中でも上位2頭は一応重めとはいえディープ産駒で、重い質の中で瞬発…

秋華賞;回顧

2019.10.13 秋華賞京都芝2000 17頭34.6-(0.58.3)-36.4 ハイペース 1着;クロノジェネシス SCこれはとにかく強さを示した。フレッシュな状態だったので内からカレンに競られても負けなかったし、最後突き放しているのも強い。阪神JF、桜花賞と良くない騎乗で…

京都大賞典;回顧

2019.10.6 京都大賞典2.23.535.4–(0.59.7)–(1.59.9)–35.2 ミドルペース開幕週で時計自体は早いのだが上がりは掛かっているという変なレース。 1着;ドレッドノータス SL内前でそのまま残ったような感じだが巴賞あたりから走りに違和感があってSが強くなって…

スプリンターズS;回顧

2019.9.29 スプリンターズS1.07.1:32.8–(0.55.3)–34.3 ハイペース 1着;タワーオブロンドン LM(S)ダノンに蓋をする乗り方は上手かったしペースが早くなったので差しが届いたという事もあるが、単純に強いかな。決着時計自体は速いが道中の摩擦もあったしハ…

ローズS;回顧

2019.9.15 ローズS阪神芝1800(外) 12頭35.4–(0.59.3)–33.4 スローペース 1着;ダノンファンタジー LM間隔を空けており走れるタイミングだった所で、しっかり持っているポテンシャルをスローからの上がり競馬で最大限に発揮したという形。ここを勝ち切るのは…

セントウルS;回顧

2019.9.8 セントウルS阪神芝1200 13頭33.0–(0.55.1)–33.7 ミドルペース(レコード) 1着;タワーオブロンドン LMSで差してきたというよりは超高速馬場で軽い流れを外からLで飲み込んだ形。京王杯の時と同じような勝ち方。ただ相手が弱かったとは言えここまでが…

キーンランドC;回顧

2019.8.25 キーンランドC33.2–(56.7)–36.0 ハイペース 1着;ダノンスマッシュ SM外から差してきての完勝。このクラスならしっかり1人気1着できる力はある。上がりの掛かる中でも良い脚を使えているしパワーも感じる。ただ爆発的なこれ以上の強さはもう無いか…

札幌記念;回顧

2019.8.18 札幌記念36.1–(59.9)–36.1 ミドルペース 1着;ブラストワンピース LS量体力内を割って「差してきた」という印象ではなくて4コーナーで徐々に位置を上げていっており、直線に向いた時点で前の馬達は完全に射程圏内に入れている。「差してくる」馬で…

関屋記念;回顧

2019.8.11 関屋記念新潟芝1600 17頭34.7–(58.0)–34.1 スローペース 1着;ミッキーグローリー LM(S)馬格のあるがっつりL主導量系ディープ。ちょっとSも抱えているかなという感じ。今回は間隔空けたダウン外枠の完璧な臨戦でしっかり勝ち切った。特に驚くこと…

小倉記念;回顧

2019.8.4 小倉記念35.5–(1.00.4)–35.4 スローペース 1着;メールドグラース LM外からグワーっと飲み込むような勝ち方。連勝だがSの激しい連チャンという感じではなく、充実した高い能力で弱い相手を飲んでいるようなイメージ。格上げでG1とかになるとオプシ…

中京記念;回顧

2019.7.21 中京記念35.3–(0.58.0)–35.6 ミドルペース 稍重締まったペースでタフなレース。 1着;グルーヴィット SCシンプルに地力があるような走りだった。併せての強さもあるし。現状はまだこじんまりしている感じもあるがタイプ的にも素質は高いと思うので…

七夕賞;回顧

2019.7.7 七夕賞34.3–(58.0)–37.5 ハイペース道悪ハイペースで体力を求められる展開に。 1着;ミッキースワロー S(C)体力本質の競馬っていう感じでしたね。セントライト記念やAJCCの時と同じように小回りコースで体力を活かしつつ良質なSでグイグイという感…

ラジオNIKKEI賞;回顧

2019.6.30 ラジオNIKKEI賞福島芝1800 16頭 不良馬場35.9–(1.01.0)–36.5 ミドルペース不良馬場でかなり時計が掛かっておりタフな競馬に。 1着;ブレイキングドーン M体力後方から外外を徐々に上がっていって最後まで体力で圧倒した感じ。弥生賞で好走していた…

宝塚記念;回顧

2019.6.23 宝塚記念阪神芝2200(内) 12頭35.5–(1.00.0)–35.3 Sペース少頭数だしペースはスロー表記だが、レース質はかなりタフで体力主導タイプが2、3着。レース質的には中山2500くらいのイメージ。そう考えてもそう考えなくてもリスグラシューは異次元。名牝…

函館スプリントS;回顧

2019.6.16 函館スプリントS函館芝1200 13頭 稍重34.4–(56.7)–34.0 1.08.4 ミドルペース出走取り消しが多数出て7頭立てに。前々での決着。 1着;カイザーメランジェ SM逃げ。精神力はそんなに強くない感じがするので次走はキツいかなと見ている。 2着;アスタ…

エプソムC;回顧

38.4-(1.03.9)-32.9 超スローペース雨で馬場が渋って全体時計は掛かっているのに上がりが32秒台というレースで、前につけた馬がそのまま上がりも出せたので前残りという結果。正直参考外でいいと思う。 1着;レイエンダ LC完全に消しでした。でもペースダウ…

安田記念;回顧

2019.6.2 安田記念34.5–(57.0)–33.9 (1.30.9) ミドルペース明らかに前が止まらない前有利な馬場。レコードに近い高速決着。土曜からずっと前残りの馬場は続いておりそもそも差し馬は狙ってはいけなかった感じ。そのくらい顕著。 1着;インディチャンプ SM(C)…

日本ダービー;回顧

2019.5.26 日本ダービー 34.8–(57.8)–(1.58.7)–35.9 ハイペース リオンリオンがかなり飛ばして離した逃げ。2番手からはやや早めの平均ペースくらいか。 1着;ロジャーバローズ LM 好スタートで前から離れた2番手になったが実質単騎の楽逃げのような形に。か…

オークス;回顧

2019.5.19 オークス35.1–(59.1)–(1.58.9)–35.3 Mペース2.22.8の速い時計決着だったがかなりタフな流れで上がりも掛かっていた。 1着;ラヴズオンリーユー LM(S)この楽な緩い3連勝の臨戦から一気の格上げで来れるのは立派だった。高速決着でディープ産駒のワ…

ヴィクトリアマイル;回顧

レコード決着。スプリント戦のようなラップ構成でかなり長い持続質を求められた。前に行った馬は流石にキツかった。 1着;ノームコア SCやはりキレではなく持続質というタイプ。前走も後方から頑張っており走れるタイミングではあったが評価出来なかった。ま…

NHKマイル;回顧

2019.5.5 NHKマイルカップ 33.9–(57.8)–34.6 Mペース 平均ペースだが数字以上に息が入らないタフなレースに。 1着;アドマイヤマーズ 量・精神力 結果的に短縮で差しに回る形になって差してきたのだがSで短縮位置取りショックで反応してという感じの差しでは…

フローラS;回顧

2019.4.21 フローラS35.9–(1.00.6)–34.2 Sペーススローからの瞬発力戦。 1着;ウィクトーリア SL(C)これはただただびっくり。前走が休み明けの逃げられなかった逃げ馬でスローで楽逃げ。ペースは変わっていないのにここでがっつり後方に控えて差して来るのは…

皐月賞;回顧

2019.4.14皐月賞中山芝2000 18頭34.8–(0.59.1)–34.7 Mペース時計は掛かる馬場状態だったが平均ペースからそこそこの時計。格?や量を求められるハイレベルなレースだった。 1着;サートゥルナーリア L(SC)量しっかり外の揉まれない位置を取る流石の騎乗。ア…

桜花賞;回顧

2019.4.7桜花賞阪神芝1600(外) 18頭35.4–(59.4)–33.3 Sペースプールヴィルのスロー逃げから上がり勝負に。桜花賞レコード。 1着;グランアレグリア LM LS4ヶ月間隔が空いているのにマイナス体重で出てきた。新馬から馬体を増やし続けていたのでそこまで気に…

大阪杯;回顧

2019.3.31大阪杯 阪神芝2000(内) 14頭36.4–(1.01.3)–35.5 Sペース 1着;アルアイン CM予想では低評価でした。前走の負け方が個人的にがっかりでもうちょっと耐える所を見せて欲しかったというのが理由です。ただ休み明けで大幅に馬体を増やしていてズブかっ…

高松宮記念;回顧

ミスターメロディ SMこの馬に関しては人気的に嫌っただけで買える要素はそこそこあった。だとしても内有利のレースで浮上して来た感じが強いので過剰評価は禁物。 セイウンコウセイ これは無理。リズム悪くて逃げた後だしこれは買えない。こういう馬は買わな…

スプリングS;回顧

3月17日(日)スプリングS 中山芝1800 16頭 35.8–(1.00.2)–35.7 Mペース 1着;エメラルファイト SC体力 10人気 平均ペースを抜群の手応えで3コーナーから外々を捲り気味に直線へ。スタートから緩みのない持続力戦で体力の豊富さを示した。しぶとさと体力があっ…

金鯱賞;回顧

3月10日(日)金鯱賞 中京芝2000 雨 稍重 13頭 35.6–(1.01.1)–34.6 Sペース 雨が降って結構力の要るタフな馬場に。Sペースからの瞬発力というよりも寧ろタフなレースで上位陣はしっかり力を出した結果。 1着;❶ダノンプレミアム SM 2人気 ③③③③ー①(34.1) 好スタ…