最強競馬ブログランキングへ

回顧

2023 東京新聞杯 回顧

【評価】 ◎ウインカーネリアン ◯ファルコニア ▲ピンハイ △エアロロノア 1着:ウインカーネリアン ・G3以下なら先行力と対応力を活かして安定してまとめられるセカンドクラスの先行馬。 ・自身より強い相手を後ろから差すという資質は持っていない。 ・G1でも…

2023 シルクロードS 回顧

【評価】 ◎キルロード ◯マッドクール ▲シャインガーネット △トウシンマカオ ×ナムラクレア ×ウインマーベル 1着:ナムラクレア MS(C) 個体として1400寄りだからなのか、休み明けの始動戦で若干遅れを取ったのか、前向きさが主張されたS系のスプリンターとい…

2023 AJCC 回顧

【評価】 ◎ガイアフォース 1着:ノースブリッジ SL(C) 毎日王冠→秋天というレベルの高い中距離路線からのダウン+延長。少頭数らしい緩い流れにも関わらず馬群の中でしっかり我慢出来たのは大きかった。この辺はSL一辺倒ではなく一定の精神力も補完された完…

2023 日経新春杯 回顧

【評価】 ◎ロバートソンキー △ヤマニンゼスト △ヴェルトライゼンデ △プリマヴィスタ 1着:ヴェルトライゼンデ SM(C) オールカマーでの外を回しての負け方とJCのイン突き好走がセットでかなりC的な挙動だったが、精神力に寄っている個体ならこのタイミングで…

2022 朝日杯FS 回顧

【評価】 ◎ダノンタッチダウン ◯コーパスクリスティ ▲ドルチェモア 琢バグラダス 1着:ドルチェモア SM 脚質含め完成度に優位性があった。良い前向きさ、駆動を精神力でしっかりコントロール出来ているタイプだがSCというほどのスケール感は感じられない。こ…

2022 阪神JF 回顧

【評価】 ◎サンティーテソーロ ◯リバーラ ▲ウンブライル ×ブトンドール ×モリアーナ 1着:リバティアイランド LS量 アルテミスの挙動がかなり非C的で、強い馬ならあれくらいの摩擦は耐えて抜けて来いとして評価を下げていた。前哨戦?なので無理に馬群を突か…

2022 チャンピオンズC 回顧

【評価】 ◎グロリアムンディ ◯クラウンプライド ▲ハピ △ジュンライトボルト 1着:ジュンライトボルト SL 砂被り◯ 連チャンと言えば連チャンなのだが、高揚感のあるリズムに乗せてエネルギーの充実度を一時的にピークに持って来たイメージ。パンチは効いてい…

2022 ジャパンC 回顧

【評価】 ◎ユニコーンライオン 1着:ヴェラアズール LS G1.5 低レベルなメンバー+スローペースで格上げの苦がほぼ免除され、前走からのリズムのままの勝利。本質は前走のような休み明けの外ズドンタイプだと思うが今回はムーアの騎乗とそれに耐える為の鮮度…

2022 マイルCS 回顧

【評価】 ◎シュネルマイスター ◯ダノンザキッド ▲ソウルラッシュ △ウインカーネリアン 1着:セリフォス MS 近走の中では最も挙動に前向きさがあった。道中脚を溜めてスムーズに運べた事と、藤岡→レーンへの乗り替わりでの変化と見ておきたい。この馬に絶対的…

2022 エリザベス女王杯 回顧

【評価】 ◎ウインマイティー ◯アカイイト ▲ルビーカサブランカ 1着:ジェラルディーナ MSC量 G1.5 本格化を感じさせた前走から、個体の強さをそのまま引き出して来た。挙動が量的で本質が隠されている印象もあるが、本格化したここ2走の内容からはSC寄りの構…

2022 アルゼンチン共和国杯 回顧

【評価】 ◎テーオーロイヤル ◯ヒートオンビート ▲ラストドラフト △ダンディズム 1着:ブレークアップ LC G3〜G2 体力はそれなりにあるがそれを強いSで動かしているようなイメージではない。あくまで自身の体力なりに、という馬。レースレベルは高くないと思…

2022 天皇賞・秋 回顧

【評価】 ◎イクイノックス ◯ポタジェ ▲ジャックドール 1着:イクイノックス CS G1.5〜G1 まだ奥行きはありそうだが皐月賞の時より挙動の質を上げて来ている。東京の20とか24向きの王道タイプの繊細で崇高なCS系で、グランプリのような少しズレた体力舞台では…

2022 菊花賞 回顧

【評価】 ◎ジャスティンパレス ◯ボルドグフーシュ ▲セレシオン 1着:アスクビクターモア MS G2 決して展開が向いただけではなく、このメンバー相手なら差しに回らずとも地力でなんとか押し切れたという内容。豊富な体力でこなしたというよりは、ハイペースを…

2022 秋華賞 回顧

【評価】 ◎サウンドビバーチェ ◯スタニングローズ ▲スターズオンアース △ナミュール △ウインエクレール 1着:スタニングローズ LC(S) G2 トライアルで先行勝ち切り後の本番で好位に控えてもしっかりとコントロール出来る精神構造がまず1番。脚質的にも器用さ…

2022 毎日王冠 回顧

【評価】 ◎サリオス ◯ダノンザキッド 1着:サリオス LS(C)量 G2 2年振りのG2というダウンの開放感と、このメンバー相手だと最上位の格という事で量も取り戻してのパフォーマンス。今回の間を割って来るSCっぽい挙動はあくまで本質ではなく、臨戦的な楽や量か…

2022 スプリンターズS 回顧

【評価】 ◎ジャンダルム ◯ウインマーベル ▲メイショウミモザ 1着:ジャンダルム MLS G3 スピードと駆動で構成された軽いLS系。確かな先行力を小回りコースの内枠で最大限活かした形。強いSによる先行位置取りのショック的な跳ねではなく、あくまでなんとか凌…

2022 オールカマー  回顧

【評価】 ◎ソーヴァリアント ◯ヴェルトライゼンデ ▲テーオーロイヤル 1着:ジェラルディーナ M G2.5 前走凡走後で自身が走れるタイミングでの人気落ちの楽と延長+乗り替わり+少頭数内枠で位置を取れた事が相まって綺麗な好走。Sっぽい抜け出し方ではなく、…

2022 セントライト記念 回顧

【評価】 ◎ローシャムパーク △オニャンコポン △アスクビクターモア △キングズパレス 1着:ガイアフォース SL量 前走のスピード競馬への対応という姿もあったが基本的にはパワー体力系の挙動。豊富な体力としっかりとした駆動を高いレベルで兼ね備えており、…

2022 京成杯AH 回顧

【評価】 ◎インテンスライト ◯ダーリントンホール ▲コムストックロード △シュリ 1着:ファルコニア M G3 特別な強さを見せた内容ではなく地力通り走ったら相対的に上位にいたという内容。勝ち切るためのS質に欠ける量保有のM系。 (1600〜2000)(ダウン)(スロ…

2022 キーンランドC 回顧

【評価】 ◎ジュビリーヘッド △トウシンマカオ ☆シゲルピンクルビー 1着:ヴェントヴォーチェ LS OP〜G3 【個体】デビューから1200以下しか使われていないが、スピードを持続させるスプリンターではなく、タメを作ることによって瞬発力を出せるタイプの馬。ス…

2022 札幌記念 回顧

【評価】 ◎ハヤヤッコ ◯ユーバーレーベン ☆ユニコーンライオン 厳しすぎて先行勢が崩れるような展開にはならなかったが、稍重→良に回復しても時計の掛かる馬場で「単調だけどタフ」なレース。位置を取れて体力がある馬がそのまま残したという印象。馬場的な…

2022 関屋記念 回顧

【評価】 ◎ダノンザキッド ◯ウインカーネリアン 1着:ウインカーネリアン SM OP〜G3 【個体】安定した駆動と体力を活かして力強い先行競馬が出来るのが強み。どちらかと言えばパワー寄りだが、一定のスピードも兼ね備えているので、単純な能力負けや自身の体…

2022 エルムS 回顧

【評価】 ◎アイオライト ◯ロードレガリス 1着:フルデプスリーダー MCS G3 【個体】良質な精神力補完のあるまとまり系、もしくはセカンドクラスのSC系で、馬群や格上げの場面を苦にしないように精神力はしっかりと持っているタイプ。G1まではイメージ出来な…

2022 中京記念 回顧

【評価】 ◎ベレヌス ◯ファルコニア ▲コルテジア ☆アーデントリー 1着:ベレヌス SL OP〜G3 (個体)豊富な体力をSで駆動させているタイプで、精神力は薄い。ギアチェンジ能力も感じられないので平坦な小回りコースでクルッと回って惰性で逃げ残す形がベスト。…

2022 函館記念 回顧

【評価】 ◎スカーフェイス 1着:ハヤヤッコ SL OP〜G3 重い体力と力強いSの駆動でスケール感がある。日経賞は前が楽に走れる緩いレースだったので上がり最速での差し届かずは許容可能。Sっぽく道悪に反応しているがピンパー系には振れていないので重さが仇に…

2022 プロキオンS 回顧

【評価】 ◎エクレアスパークル 1着:ゲンパチルシファー LC CL 体力質のレースなら底力をフルに発揮出来る。上がりのスピードよりもバテないタフさというタイプで地方が合いそう。こういうタフな展開になるとスピード要求≪体力要求となるので教科書通りの短…

2022 プロキオンS 回顧

【評価】 ◎エクレアスパークル 1着:ゲンパチルシファー LC CL 体力質のレースなら底力をフルに発揮出来る。上がりのスピードよりもバテないタフさというタイプで地方が合いそう。こういうタフな展開になるとスピード要求≪体力要求となるので教科書通りの短…

2022 ラジオNIKKEI賞 回顧

【評価】 ◎ショウナンマグマ ◯クロスマジェスティ 1着:フェーングロッテン SL この馬なりの連チャン、好調期で、そういう高揚感のあるタイミングなら多少の苦は超えられるという挙動。研ぎ澄まされた要素はないし、Sの強さもセカンドクラス止まりではあるが…

2022 宝塚記念 回顧

【評価】 ◎ディープボンド ◯エフフォーリア △アフリカンゴールド △キングオブコージ 1着:タイトルホルダー S+C(L) G1 本質的に中距離型の強いSC系なので宝塚記念単体をこういう内容で勝つこと自体は別におかしくない。それでも流石に春天を楽に逃げ切った…

2022 ユニコーンS 回顧

【評価】 ◎タイセイディバイン ◯コンバスチョン ▲リメイク 1着:ペイシャエス LC/CL 豊富な体力と精神力。体力系の馬が短縮だった前走でペースアップを無理に先行してしまいバテ負け。そして今回同距離の格上げ、更なるペースアップのタイミングで軽く位置を…