最強競馬ブログランキングへ

回顧

2022 宝塚記念 回顧

【評価】 ◎ディープボンド ◯エフフォーリア △アフリカンゴールド △キングオブコージ 1着:タイトルホルダー S+C(L) G1 本質的に中距離型の強いSC系なので宝塚記念単体をこういう内容で勝つこと自体は別におかしくない。それでも流石に春天を楽に逃げ切った…

2022 ユニコーンS 回顧

【評価】 ◎タイセイディバイン ◯コンバスチョン ▲リメイク 1着:ペイシャエス LC/CL 豊富な体力と精神力。体力系の馬が短縮だった前走でペースアップを無理に先行してしまいバテ負け。そして今回同距離の格上げ、更なるペースアップのタイミングで軽く位置を…

2022 エプソムC 回顧

【評価】 ◎ジャスティンカフェ ▲ヤマニンサンパ 1着:ノースブリッジ LS OP〜G3 前走の逃げ切りが今回の内容に楽→苦的な悪い影響は与えていない印象。3ヶ月半の休み明けで完全にリセットされているとは思わないが、ある程度フレッシュな気持ちで走れていたと…

2022 安田記念 回顧

【評価】 ◎ダノンザキッド ◯レシステンシア ▲シュネルマイスター 1着:ソングライン CS G2+α 1つのキャンペーンとして前走と挙動自体は大きく変わっていない。ただ外差しのスムースな流れに乗じながらも叩き2戦目で集中力を高めたという内容。桜花賞は休み…

2022 日本ダービー 回顧

【評価】 ◎ジオグリフ ◯ドウデュース ▲ビーアストニッシド △イクイノックス ×ダノンベルーガ 1着:ドウデュース M(SC) 特別な精神力とか駆動を出したという内容ではなく、これまで見せて来た馬質通りのパフォーマンス。前哨戦でリズムを崩さないながらも最大…

2022 オークス 回顧

【評価】 ◎エリカヴィータ ◯プレサージュリフト ▲サークルオブライフ △スターズオンアース ☆サウンドビバーチェ 1着:スターズオンアース CM 桜花賞の抜け出て来る挙動が、グイグイとしたエネルギー由来ではなく量とかスケール感の方の雰囲気があるなと思っ…

2022 ヴィクトリアマイル 回顧

【評価】 ◎レシステンシア ◯マジックキャッスル ▲ファインルージュ 1着:ソダシ SL/LS G1 正直見誤っていました。牝馬限定とは言えマイルG1でそれなりの強さの相手に対して好位からごまかしなく圧勝するのだからこの内容は強い。精神力はそこまで強くないの…

2022 NHKマイルC 回顧

【評価】 ◎マテンロウオリオン ◯ソネットフレーズ ×インダストリア ×アルーリングウェイ 1着:ダノンスコーピオン LM量 前が厳しい流れをやや後ろで構えて、揉まれないけれど射程には捉えられているというベストポジションで運んだ形。自身の力で差したのは…

2022 天皇賞・春 回顧

【評価】 ◎ディープボンド ◯タガノディアマンテ 1着:タイトルホルダー SC(体力) G1 前走は相手に合わせる形の緩い逃げで、そこで余力を残しながらもセカンドクラスの相手を完封。本番でエネルギーの放出を1段階上げてのハイパフォーマンス。2400mのレースに…

2022 マイラーズC 回顧

【評価】 ◎ソウルラッシュ ◯ホウオウアマゾン ▲ダイワキャグニー ☆ケイデンスコール 1着:ソウルラッシュ CL G3 前走まではもっと余裕のある走りでそこにCの優位性を見出していた。ただ今回それなりの体力要求に応えられているくらいなので条件戦ではそもそ…

2022 皐月賞 回顧

【評価】 ◎デシエルト ◯アスクビクターモア △ドウデュース 1着:ジオグリフ CL量 激戦向きのC系ではなく、量を保有しつつ体力を良質な精神構造で動かせるタイプ。グイグイ感があるように見えるがSが突き動かして個体能力以上の激走というイメージではなく、C…

2022 桜花賞 回顧

【評価】 ◎スターズオンアース ◯ラブリイユアアイズ 1着:スターズオンアース CM 尖ったCSではなく、全体的なベースがありつつのC主導でCM系というイメージ。今回の走り単品を見るとCSっぽいが、初G1でこれまでで1番厳しい展開になった事に馬が反応しての激…

2022 大阪杯 回顧

【評価】 ◎アフリカンゴールド ◯ウインマリリン 1着:ポタジェ MC G2 ◎を打ったAJCCを含む今シーズンの2戦の内容を物足りなく感じて評価を下げてしまったが、AJCCは休み明けの緩仕上げ、金鯱賞は後方からの脚を見る叩き台とすれば今回くらいのパフォーマンス…

2022 高松宮記念 回顧

【評価】 ◎ダイアトニック ◯グレナディアガーズ 1着:ナランフレグ LS+ G3 充実したSが集大成的なイメージでCのような挙動にまで昇華されたパターン。本質はあくまでLSで、S系の連チャンはもっといきなりSか解放されるイメージだが、今回のパターンは右肩上…

2022 スプリングS 回顧

【評価】 ◎ドーブネ ◯グランドライン ☆ディオ 1着:ビーアストニッシド SL レース直後の感想としては内から乾いてのトラックバイアスに上手く乗られたという印象だったが、改めてしっかり見ると力強く駆動が効いているし、前走からの上がり目が薄いという判…

2022 金鯱賞 回顧

【評価】 ◎サンレイポケット ◯シャドウディーヴァ ▲アラタ 1着:ジャックドール LS G2 前走と同じくらいの挙動と内容なので個体評価については特に変更なし。S主体の逃げ馬ではなく、体力をある程度のSで駆動させているタイプ。精神構造は貧弱ではないがそれ…

2022 弥生賞 回顧

【評価】 ◎インダストリア ◯ドウデュース ☆ボーンディスウェイ 1着:アスクビクターモア ML 無難なタイミング、無難な馬質だったが緩い前哨戦での強気の先行がハマっての1着。体力を備えたセカンドクラスのディープ産駒。 2着:ドウデュース MS 緩いレースで…

2022 中山記念 回顧

【評価】 ◎パンサラッサ ◯カラテ △ヒュミドール △ダノンザキッド 1着:パンサラッサ LS G2.5 相変わらず派手なレースをしているがやはり本質は体力系のLSであくまでG2ちょい下くらいの格。そんなに強いとは思っていないが、「捕まえに行くと自滅してしまう」…

2022 フェブラリーS 回顧

【評価】 ◎レッドルゼル △エアスピネル △サンライズノヴァ 1着:カフェファラオ MC G2 初めて使ったが「体力が弱いのではなく体力に頼る事をしない馬質」というのは個人的に納得のいく表現。構造としてはアーモンドアイとそう遠くない。重馬場+スローで先団…

2022 京都記念 回顧

【評価】 ◎マリアエレーナ ◯アフリカンゴールド ▲ラーゴム △タガノディアマンテ 1着:アフリカンゴールド CL G3 逃げの開放感、まだ飲み込むほどの格と体力のないマリア、重い体力系のユーバーの後続に蓋をするような3番手追走によってほとんど圧力の掛から…

2022 東京新聞杯 回顧

【評価】 ◎カテドラル ◯カラテ ▲ホウオウアマゾン ☆ケイデンスコール ☆エイシンチラー 1着:イルーシヴパンサー SM G2〜 Sのパンチが足りないMS系と評価していたが、Sをしっかりコントロール出来ている良質なタイプっぽい。前掛かりのレースで圧力外だったか…

2022 根岸S 回顧

【評価】 ◎オメガレインボー ○タイムフライヤー ▲ジャスパープリンス ×ソリストサンダー ×タガノビューティー 1着:テイエムサウスダン LS G3強 体力系のLSで中央より地方向きではあるのだが別に中央はダメという事ではない。G3強レベルではあるが突き抜けて…

2022 AJCC 回顧

【評価】 ◎ポタジェ ◯オーソクレース ▲アンティシペイト △ラストドラフト 1着:キングオブコージ LC G2.5 絞って集中して来た所に展開がドンピシャでハマっての跳ね。体力主導のC補完の馬で100%のパフォーマンスがここというイメージで良い。自力でのS駆動…

2022 日経新春杯 回顧

【評価】 ◎マイネルウィルトス ○ステラヴェローチェ ▲フライライクバード ×アフリカンゴールド ×マイネルフラップ 1着:ヨーホーレイク ML G3〜G2 とにかくタイミングという一言で片付ける事も出来るが、いくらタイミングが良かったとしてもステラに勝ち切っ…

2022 中山金杯 回顧

【評価】 ◎トーセンスーリヤ 1着:レッドガラン M OP〜G3 圧勝しているがあくまでG3が限界というレベルの挙動。今後もOP〜G3なら安定出来るがトーセンスーリア同様、良質な馬ではない。 2着:スカーフェイス LSM OP 鮮度の恩恵を受けてリズムで持っていった…

2021 有馬記念 回顧

【評価】 ◎エフフォーリア ◯クロノジェネシス △タイトルホルダー △シャドウディーヴァ △アカイイト 1着:エフフォーリア SCM G1 後ろ支えのバランスが良いからSをコントロール出来る訳で、その辺の完成度の高さも含めて良質な馬という事。Sを完全にはコント…

2021 朝日杯FS 回顧

【評価】 ◎ジオグリフ 1着:ドウデュース M量 18からの短縮臨戦ではあったがしっかり差しに回っているし、速いペースに個体として反応したというイメージではない。レース全体の流れの中でジオグリフのような致命的な位置取りにはならず、勝負になる位置をキ…

2021 香港国際競争 回顧

香港ヴァーズ ◎グローリーヴェイズ 1着 香港スプリント ◎レシステンシア 2着 ○ラッキーパッチ 競走中止 香港マイル ◎ゴールデンシックスティ 1着 ○インディチャンプ 5着 香港カップ ◎レイパパレ 6着 当日ツイートした内容は情報の把握が足りていなかったので…

2021 阪神JF 回顧

【評価】 ◎サークルオブライフ 1着:サークルオブライフ CLM エネルギーのSというよりは肉体のLというタイプで、それをそこそこの精神構造でしっかり動かしているというイメージ。決して悪質なLに振れている挙動ではない。Sカテゴリー以外では安定する。 2着…

2021 チャンピオンズC 回顧

【評価】 ◎チュウワウィザード ◯インティ ▲メイショウハリオ △エアスピネル 1着:テーオーケインズ S G1 この結果を見ると前走の負け方も無駄な事をしない上質な方の凡走という事になる。今回の馬券はこの馬に対する評価が鍵だったのでそれにやられるなら仕…