最強競馬ブログランキングへ

2022 AJCC 予想

【個別分析】

①キングオブコージ LC G3

精神構造は悪くないが、肉体が重いタイプで駆動のSが物足りない。ステラヴェローチェのように自分より弱い相手に体力の優位性を示す形が本質。絞れば集中して来れる場面だがそこで0.5段階パフォーマンスを上げても3着が獲れるかどうかというラインだと思う。このメンバー相手に体力で圧倒というのは厳しい。

 

②アサマノイタズラ SL G3

パンチの効いた良いSの主導とそれなりの肉体の補完という事で悪くはないのだが、そこにL質が明確に淡白さをもたらしている。レースの相対性の中で走るか走らないかを決めるような馬質なので正直走るタイミング、走らないタイミングを正確に事前にキャッチするのは難しいと思う。深く考え過ぎない方が良さそう。

 

③キャッスルトップ S

リズム厳しい。

 

④クレッシェンドラヴ L   OP

体力と格というタイプだったが前走の七夕賞でもうほぼアウトの挙動。休み明けだしここは静観で良い。

 

⑤エヒト LS   OP

体力主導でSの駆動が一応あるタイプ。少頭数の広いコース向きのイメージなので前走の圧勝は違和感があるのだが、2走前と挙動の質自体は変わっておらず、前走はコースバイアスに乗ってのものと捉えておく。アップで本質を問われる場面、ここで通用するレベルのSではないので、後ろからダラっと差そうとするが良い所なくというイメージ。

 

⑥ポタジェ MC   G2

ディープ産駒だが量ではなく本質で走っているタイプ。個人的な見方だが所謂ディープ産駒のイメージより鮮度要求度は低いと見ている。何かに特化している訳ではないので、合う場、合わない場で1着、7着、1着、5着という戦績を刻むような馬ではない。それよりは単純に能力レベルで足りる、足りないが明確に出てくるイメージ。今回はある程度前に行ってしまってもダウンで許容出来るし特に問題はない。

 

⑦ダンビュライト LC   G3

体力と格のタイプ。京都記念でラヴズと併せて大きく凡走しないだけの馬質はある。ここもその時くらいは走って来れるタイミングで、あとは差して来る馬がどれくらいの力強さ、能力レベルなのかという見方。この馬より上に取る馬がどれくらいいるかという判断で良い。

 

⑧アンティシペイト SM   G3

S主体で完成度やまとまり感で勝負したいタイプ。札幌20→東京25は格上げだとしてもS系には緩過ぎたという事でしょう。タメが効かずに先行してしまい、急に直線でLの引き出しを開けて残せ!と言われてもうちはそういうのやってないんですよというタイプ。無難に軽く位置を下げてくれそうな騎手に乗り替わるし、馬としては能力を発揮出来るタイミング。純粋な能力の不足は少なからずあると思うが、前走からの跳ね感を出せるタイミングなので買っても良いラインに乗る。

 

⑨ボッケリーニ LS   OP

体力とS駆動のタイプだが、Sがワンパンチ弱いのと明確にC質が弱いのが難点。それによって重賞で良くない負け方をし過ぎている。アンドロメダの挙動は良いのだが、あれは復調の兆しではなく、単に「OPならまだ駆動が効く」というもの。体力はあるのでダラっと雪崩れ込んでの掲示板というのはあっても良いが、いくら横山とは言えここでこの馬質で前に行って持ってくるのは厳しい。

 

⑩ラストドラフト CL   G2.5

Sは薄いタイプで、精神力と物理的なタフさが特徴。ここ2走はリズムを崩したという挙動ではなく、前向きさはキープしながらも勝負出来る位置にいなかったというもの。詰めて使いながらの中山替わりで、延長でスムーズに前に行く事が出来れば6人気3着はあっても良いタイミング。今更中日新聞杯で5人気1着が出来るほどパンチの効いた馬質ではないし、今回くらいが良い買い時なのかもしれない。

 

⑪オーソクレース MC   G2

良質なM系で、ポタジェより少しだけ綺麗な質のC質を保有している。スムースなタイミングで綺麗に2着を取れる質の馬。生涯鮮度的にも近2走の内容的にも文句をつける段階ではない。

 

⑫ソッサスブレイ SL   OP

低いレベルでまとまっているくらいのイメージのSL系。そのくらいSもLも足りていない。前走の15人気3着も自力でSで持ってきた挙動ではなく、枠の利を最大限活かしてなんとか3に残したというもの。ここでアップで評価するレベルではない。

 

⑬スマイル L   OP

緩い。体力主導でSの駆動が若干あるかないかくらい。自分より強い馬がいなくなって体力だけで優位に立てて始めて勝ち上がれるという馬なのでOP5戦目の22以上のカテゴリーの軽い延長で拾うくらいのイメージで見ておけば良い。

 

マイネルファンロン LC G3

体力と精神的なタフさがメインのタイプ。新潟記念はとにかくハマっているので安易に馬の自力での再現を狙わない方が良い。こういう少頭数のG2ではそこまで破綻質のレースにならないでしょう。ちょうど良い時に無欲の追い込みに回れるくらい肝の座った騎手の方が良い。

 

 

【評価】

◎ポタジェ

◯オーソクレース

▲アンティシペイト

△ラストドラフト

 

タイミングと相手関係的にまずは格に従順に◎○の2頭を捻らずピックアップ。ここの序列は脚質で。

ラストドラフトの頭を抜いた3連単18点で獲れないか。

2022 日経新春杯 回顧

【評価】

マイネルウィルトス

○ステラヴェローチェ

▲フライライクバード

×アフリカンゴールド

×マイネルフラップ

 

 

1着:ヨーホーレイク ML   G3〜G2

とにかくタイミングという一言で片付ける事も出来るが、いくらタイミングが良かったとしてもステラに勝ち切った事に関しては一定の評価をしておきたい。体力質のLを抱えたM系で、皐月の5着と今回の1着を能力の基準にしておく。

 

2着:ステラヴェローチェ 量LC   G2

有馬は明らかに本質を出していたが、今回は負けはしたものの再び量的なパフォーマンス。ダウンの優位性を活かして位置も取り、大きく凡走する事なくまとめて来たという内容。Sの足りない体力系として同じイメージのウィルトスより1枚上のランクだがG1級ではない。

 

3着:ヤシャマル L   OP〜G3掲示

この馬以下は大きく格が落ちるので別レースの1着争いくらいのイメージで見る。OPをギリギリで勝ち切ったL系がこの後格上げで大きく苦しむイメージ。

 

4着:エフェクトオン SM   OP〜G3

この挙動は良い。3着以下のチームの中で唯一Sで走っており、しかもそのSも偏ったSではなくバランスの取れたS。今回は中京22の体力質レースで「そういうレースらしい」馬に勝ち(3着)を譲っただけ。ラジオで話した16〜20質の強い輪ゴムのイメージは今回のメンバーだとこの馬が合う。新潟記念福島記念も体力質になってしまったので突き抜けられなかったが、合う所に出て来たらスコンと勝てそう。本当は京都なんかが合いそうだがとりあえず小倉大賞典新潟大賞典、メトロポリタン、目黒記念あたりはイメージしておきたい。

 

5着:アフリカンゴールド CL G3

前走は先行の新鮮さを使って跳ねた内容だったが、今回は特に反動もなく通常運転でこの位置という挙動。ここ2走重賞で前受けしているのに体力的なキツさを見せていないのはかなり好感。前受けを続けていると前走のような跳ね感を出すのは難しい。ここ2走の先行ストレスをケアした上で狙える所を探りたい。

 

6着:マイネルウィルトス LS   G3〜G2.5

今回が最後くらいかなという感覚で手を出していたが一歩遅かった。体力を動かす駆動のSのトレンド期が終わったという内容。馬体を絞ったら絞ったで本来の強みである体力面への影響もあるし、とにかくSの駆動がなくなったというのが凡走の理由。この後の短縮はOPだとしても手を出してはいけない。

 

7着:トラストケンシン LS   OP

こじんまりした体力系差し馬。悪質な方には振れていないので能力の通用する所なら素直に走れる。

 

8着:クラヴェル CL   G3

まさにフラットなG2でコケた形。Sが物足りない。

 

9着:モズナガレボシ SL LS   OP

かなり重い。格のない体力系は駆動レベルが足りていない所だとこうなってしまうという良い例。

 

10着:ダノンマジェスティ ML   OP

補完でLを持っているM系。特化しているものがないので地力との兼ね合いになりやすい。

 

11着:プレシャスブルー MLS OP

悪い質の馬ではないが体力も駆動も格も足りていないので仕方ない。

 

12着:ショウナンバルディ LS   OP〜G3

質の悪さがモロに出た形。体力をSで駆動させているタイプだが、今回のように本質を求められると淡白さが表面化してごまかしが効かない。

 

13着:ロードマイウェイ L OP

京都大賞典の5着のパフォーマンスについては何回も説明しているし今回の結果を受けては特に何もない。

 

14着:マイネルフラップ SL   OP

これもショウナンと同じでLの淡白な所がしっかり露呈。

 

15着:フライライクバード MS G3

直線に入ったところでステラに大きく寄せられる不利。その後馬が自身で走る気をなくしているのでノーカン気味で見て良いかな。

 

16着:トップウイナー S   OP

特になし。

 

 

金杯のスーリヤも今回のウィルトスも同じで、「まあこれかな」という安易な感覚で手を出した所で5着、6着という結果。これが大敗ならまだマシなのだが、この5着、6着というのは、思考において1回、2回の怪我というよりは、クセになる肉離れのようなイメージで、ダラダラ引きずってしまいそうな感覚がある。治ったと思ってもまたちょっと痛むというような。

これを受けて予想スタイルをブレさせるという事ではなく、新鮮な情報のインプット2、荒療治的なアウトプット8くらいのイメージで早めに対策を打った方が良いかもしれないという感覚がある。

2022 日経新春杯 予想

【個別分析】

①モズナガレボシ SL   OP

S駆動の肉体補完タイプだが、SとLどちらもワンパンチ足りない。差しに回っても掲示板が限界かな。

 

②クラヴェル CL   G3

挙動を見ると馬柱の印象よりはS感の薄い連続好走。軽斤と展開利を拾いながら一時的なキャンペーンの集中力とリズムでなんとか3着内に来ているが、個人的に地力はそんなに高くないと思っていて、全部5着でもおかしくないくらいの感覚。ローカルG3→破綻質G1というのは相性が良いというかこなせる道筋があるイメージ。こういうちょっとズレた戦績を刻んできた馬がフラットなG2でコケるというのはあると思う。

 

マイネルウィルトス SL LS   G2.5

大きな体力をSで駆動させているタイプ。前走はスローだったので適性距離よりも短い所の追走でエネルギーを消耗したという事ではなく、Sの交互の凡走でもなく、16〜20質のレースでは馬の構造的に最後伸び切れない(レース質が合っていないだけ)というだけのもの。2200以上のカテゴリーなら求められる要素が大きく変わるので相対的な体力の優位性に頼る事が出来て、駆動のSがそこそこでも馬券内に来れますよというイメージ。非根幹ベターな感じもある。今回は買っても良いタイミング。

 

④ステラヴェローチェ 量LC G2

まず1番の特徴は大きな量を保有しているという事。量の奥の本質は、G1.5級の体力をSではなくC質で駆動させているというイメージの馬。前走の有馬のパフォーマンスが最も本質っぽい。体力を主とした個体能力はそれなりに高いレベルなのだが、Sに頼ったパフォーマンスがないのがこの馬の特徴で、活性と駆動が弱いのが難点。

馬の構造的に量が効く範囲での疲労耐久度は高く、今回のローテーションを普段の感覚のまま見て疲労の1点のみで評価を下げるのはやや危険なのだが、それでも流石に、、となる臨戦過程。

今回のポイントは体力ストックが前走の有馬4着の激走からどのくらい残っているのか。そして消耗した体力分のキツさをどこまで量と格でカバー出来るのか。個体に対する絶対評価で判断出来るのはここまで。6〜8割のパフォーマンスでどのくらいの着順をキープ出来るか。

 

⑤ロードマイウェイ L   OP

まず京都大賞典の5を評価しない事。挙動的にSの駆動はほとんどなく、ユーキャンスマイルのようなL系の追い込み馬によくあるダラっと雪崩れ込んだだけというもの。このレベルの馬だとダウンだからと言って動ける訳ではない。

 

⑥ヤシャマル L   OP

Sの駆動がOPでも足りていないレベル。そのせいで活性も弱いし評価する要素がない。

 

⑦アフリカンゴールド MLS   G3

Sがワンパンチ足りないが一定のC質も保有しているそこそこ良い馬。後方からの競馬で持ち味を活かせていなかったが、元々の体力を活かして前目で雪崩れ込む形なら十分やれる。前走の勝ち馬は体力的にも駆動的にもラストで一杯いっぱいだったのに対してこちらはまだどちらもストックのあるようなゴール前の詰め方。前走単発のストレスを消す材料は確かに薄いが、ここ3走全て前向きな挙動は見せており、一時的なSの余勢を使ってリズムと脚質でもう1回踏ん張るというパターンはなくはない。逃げが面白い。

 

⑧フライライクバード MS   G3

3走前までの挙動的にかなり重いLSの印象だったが、ここ2走はS駆動が入って悪くない走りをしている。ただ連チャンというほど強いSではないし、完成形に近付いたというほどの力強さもないので、あくまで一時的な充実クールというイメージで見ておきたい。変に評価を下げるリズム・挙動ではないので相対評価の無難な位置には置いておいて良い。

 

マイネルフラップ SL   OP

明確にLを抱えているがパンチの効いたSは持っており、文字通り激走の素質は持っている。ソーヴァリアントからの解放の楽もあり、叩き3走目でやっとハイパフォーマンスという構図になれば激走の可能性はある。大阪城S15人気3着の時とタイミングは同じ。

 

⑩ヨーホーレイク LM   OP〜G3

重いタイプで単純に強くない。

 

⑪ショウナンバルディ LS   G3

体力のS駆動タイプで質としては悪い方。前走は全オプションを使っての最大限のパフォーマンス。七夕賞の時のようにバラけて体力質になるようなレースなら控えても体力の優位性さえあればなんとか来れるが、フラットな競馬だとそもそもの馬質的に厳しいかなと思う。

 

⑫エフェクトオン MS   OP

体力主導ではなく、MベースにSが補完で入っているくらい。小倉の少頭数の軽めのOPなんかが合いそう。悪い馬ではないがレース選択がよろしくない。

 

⑬トップウイナー S OP

Sの気で走るタイプなのでショックがあればリズムはそんなに気にしなくて良い。買いたいとは思わないが来ても驚きはしない。

 

⑭プレシャスブルー MLS OP

馬体は小さいが体力を豊富に持っていてそれをなんとかして動かしているというイメージの馬。道悪で揉まれない所でズンズンという形がベスト。地力では足りておらず、前走は展開も破綻しなかったので着順を落としているがレース質が変われば掲示板に来る力はある。

 

⑮ダノンマジェスティ ML  OP

新潟大賞典のパフォーマンスを見ると重くて物足りない。あくまでOPクラスのM系という評価より上はない。

 

⑯トラストケンシン LS   OP

体力も駆動も足りていない。

 

 

【評価】

マイネルウィルトス

○ステラヴェローチェ

▲フライライクバード

×アフリカンゴールド

×マイネルフラップ

 

馬券はマイネルウィルトスの単複1:4