最強競馬ブログランキングへ

2024 弥生賞 予想 

【予想】

 

振り返ってみたら昨年は簡易版でした(◎ワンダイレクト)。

4強の精査をギッチリやって本格的な予想を作るか、大外の逃げ馬の単複を軽く買って流すかの2択というのが第一感。

とりあえず最終結論をどっちに振るかは置いておいて4強+1は見ておきます。

 

 

シンエンペラー

新馬上がりの初重賞挑戦となった京都2歳で1人気1着1発回答はなかなかのスケール感。

本質的にはタフな混戦向きの重いCSタイプに見えているが、現状はまだ量の影響もあるし、そもそも一定のLも保有している馬なので緩いレース質や弱い相手に対してもある程度の形は作れる。

今回差しで来るんじゃないかと思っているがどうなるか。

 

 

トロヴァトーレ

小粒なCL系かCM系イメージで、レースを見ると案外スケール感は小さいのかなという感想。ダービーでどうこうというイメージは薄く、小回りコースで立ち回りの上手さを活かす形がベストっぽい。

この下の2頭を含めた2戦2勝馬3頭の中でどれを落とすか、となったら個人的にはコレかな。

 

 

ダノンエアズロック

Mとか量というよりはスケール感の大きい純粋LかLSかなというのが現状の印象。

かなりL的なスケール感依存タイプなので、格の壁に当たると急にモゴモゴし始めるようなイメージ。

所謂陸上のセパレートコース向き的な馬で、混戦で摩擦の中に放り込まれるよりは少頭数や広いコースで伸び伸び自身のフィジカル能力全開で走らせる方が合いそう。

 

 

ファビュラススター

最低限の完成度はありつつもまだ奥行きを感じる。個人的には良い馬だと思う。

ただ先行力はまだ高くなさそうで恐らく後方から。レースに対応は出来そうなので差して来て2〜5着イメージ。

 

 

ニシノフィアンス

新馬戦がスローの逃げ切り。その後の格上げの京成杯が延長+ペースアップで体力的な苦、そして逃げた後に控える形で精神的な苦。この楽→苦で破綻を起こさなかった点は評価出来る。

シンエンペラーとダノンが前でがっつりやり合うレースになると流石に飲まれそうだが、少しでもナメられて圧力外で運ぶ事が出来れば面白いと思う。

 

 

 

【評価】

◎ニシノフィアンス

◯ダノンエアズロック

▲シンエンペラー

 

馬の造りはシンエンペラーが1枚は抜けていると思いますがやはりスロー少頭数の弥生賞でガツンと頭で買いたいタイプではないので買うとしたら複勝がっつりのイメージ。

 

 

競馬予想なら!競馬最強の法則WEB

2024 中山記念 予想・回顧

【予想】

 

エルトンバローズ MC

基礎スピードと先行力を兼ね備えた安定感タイプ。精神力の補完もあるのである程度信頼を置ける馬質。脚質とタイプ的に上下の跳ね感・抑揚を出し辛いのでG1だと一歩足りないイメージになってしまう。

G1からのダウン、延長で前への位置取り、先行馬向きのバイアス(初角までの距離が短くペースが上がりにくい+開幕週)が掛かる中山記念のレース質等、諸々を考えると無難だが、1人気で量を使って飲み込むタイプというよりは人気薄でCを活かしたいタイプなので単は見辛い。

 

 

ソールオリエンス LS

そこまで質は悪くないLS系と見ているが、先行力に欠ける所と量に依存し過ぎている所が難点。AJCCとか京都記念のようなもう少し自身のフィールドに近い所で戦った方が結果を出すためには良いと思うのだが。少頭数ならまだしも、多頭数の中山1800への短縮だと遅れそう。

 

 

ヒシイグアス MS

一定のCも保有した良質なMS系。G1では2〜3着が限界だがG2以下なら十分威張れるだけの質と能力。

鮮度を失ってからは連続好走が効かなくなっているように体質(基礎体力)が弱いので、前走の香港での激走の反動がどう出てくるかが懸念点。

 

 

ソーヴァリアント L

ほとんどLオンリーの構成で、C要求のあるタイミングでは全く対応出来ないタイプ。2回勝っているチャレンジカップは相当自身の量のフィールドにハマりやすいのであろう。

道悪ドLレースの札幌記念の3着が本質。次走の富士は短縮だが少頭数東京の緩いレース質を利して再び3着を拾い、そして格上げのG1で大きく凡走(先行云々の次元ではない)。

G1からのダウンは明確に合う個体だが多頭数の中山という時点であまり買う気はしない。道悪の利も得てどこまでか、という程度。

 

 

ジオグリフ LC

条件的には悪くない。久しぶりにG1から解放されるので22毎日王冠のサリオスのように解放感で一跳ねがあっても良いタイミング。リズムが悪い点についてはダートで目を瞑れば、という構図だが。個人的にはあまり手を出す気にならない。

 

 

イルーシヴパンサー LS

軽い重いに関わらず安定して末脚を伸ばせるタイプで延長◯。マイルG1を後方から差し届かず凡走後の格下げ+延長でかなり走りやすいタイミング。

ただ引っ掛かるのは好走しても良いタイミングだった富士の凡走。あそこで連対しているようならほぼ文句なしで買えるのだが。

 

 

レッドモンレーヴ LM

G2好走→G1凡走の綺麗な交互。摩擦はあまり好まない運動神経主導のスピードタイプなので基本的には少頭数のG2以下がベスト。

多頭数の中山が合うタイプには見えていないが、今回は共同通信杯以来2年ぶりの1800mへの延長で、カテゴリーが変わる解放感+凡走後の休み明けで伸び伸び走れそう。中〜外枠なら積極的に買いたかったがこの枠だとどうしても他馬との摩擦が気になる。

 

 

マテンロウスカイ M

悪い質の馬ではないが、コレと言った武器のない自力オンリータイプの先行馬なので常に能力次第、相手関係次第の扱い。

昨年のドーブネが残せるレースなので、先行力と最低限の地力があればクリアなのかもしれないが。L主導で軽いドーブネよりはこっち。

 

 

ドーブネ LM

軽いスピード質の量系先行馬。少頭数の緩い東京を逃げ切った後の格上げ+ペースアップ+タフ馬場の京都金杯凡走は仕方ない。

個体能力的にオープン大将イメージなのでその一点で切り捨てても良いのだが、今回の開幕週の綺麗な馬場+逃げの位置取りショックは一定の解放感に繋がる。良馬場ベター。

 

 

エエヤン (S)L

トップスピード能力に欠けるパワー寄りの先行馬。質の悪いSL系イメージだが今はSが減退しているイメージで活力を感じない。精神力もほとんどなく、レベルの低い低速持続質戦で前に行って雪崩れ込む形くらいしか今は難しい。1400からの延長で単騎逃げが叶えばギリギリ可能性があるかな、という程度。

 

 

ボーンディスウェイ SL

精神構造がしっかりした馬ではないので好調時と不調時のパフォーマンスに波が出やすい。先週のペプチドナイルと同じようなS主導の先行馬。

条件戦上がりの重賞挑戦で本質を問われた前走の中山金杯で大きく崩れなかった所に一定の充実感を感じる。凡走後の人気落ち、前有利なレース質を利して今の状態なら交互で手を出してみても。

 

 

ラーグルフ M

不良馬場の前走よりは条件好転。ただ2着だった昨年と比較すると明確にリズムと充実度が落ちる。来ても掲示板までのイメージ。

 

 

マイネルクリソーラ SM

重いパワータイプで低速の持続質戦向き。開幕週で前有利の中山記念という舞台で積極的に買いたいタイプではないが、アンドロメダ中山金杯と連続で人気以上の好走の充実感を買ってみても良い。位置を取れるようになっているのも好感。重さは道悪でカバー。

 

 

 

【評価】

マイネルクリソーラ

◯ボーンディスウェイ

▲エルトンバローズ

△イルーシヴパンサー

 

充実度を感じる金杯組の2頭で。

目に見える条件設定(延長、ダウン、前有利)だとかなり無難に見えるエルトンバローズ(C持ち)をこのタイミングで信頼し過ぎない事が個人的にこのレースのミソ。1人気らしく外から大らかに差してきて23着イメージ。

 

【回顧】

 

スクリーンショット 2024-02-28 11.24.24.png

 

◎⑬マイネルクリソーラ 単勝¥1,000、複勝¥5,400

 

内前を運んだ逃げ・先行馬のワンツースリー決着の中、本命のマイネルは出遅れ+4角大外を回して差して来るも5着まで。運も拾わないと勝てないのでこういうのは仕方ない。

ただエルトン、ソール軽視の荒れ予想で、7人気と10人気のシンプルな穴の先行馬にやられているようでは甘い。この方向性だとベストは単勝多点だったか。

 

 

 

マテンロウスカイ MS

低速持続質戦向きの先行馬で、軽い凡走後の距離延長で前に行く形と内前有利のレースバイアス、道悪が見事に噛み合っての圧勝。

今年のG1でどうこうというよりは来年の同レースでのリピートに期待。

 

 

ドーブネ M

キャピタル楽逃げ→京都金杯控えて凡走→今回逃げという楽、苦、楽の出し入れ。個体能力的には脚質も考慮してOP上位レベルだが、タイミングとバイアスの味方があれば重賞でも好走可能という個体。

 

 

ジオグリフ LC

道悪の内枠でリズム停滞馬が巻き返す条件としては整っていた。馬体増もあったし活力的にもここがピークという訳にはいかないタイミングだったので今回の3着は悪くないという見方で。

内回り向きのコーナリング性能の高さと主流G1でのパンチ不足を考慮すると実質G1.5の大阪杯は合う。

 

 

ソールオリエンス LS

道悪の助けもあったが差し届かず1人気4着の凡走。この馬のスケール感を考えたら道悪なら評価を下げない方が良かったと思わせる威圧感があった。

内前有利のレースバイアスに完全に逆行する形で、ガツガツした激走感の無い、Lの強い走りでのこの内容は濃い。

 

 

マイネルクリソーラ SM

出遅れはあったが、3角から手応えが怪しくなって押し上げる事が出来ず。2000〜2200のパワー質のレースがベストっぽいので次走延長で。

過度な期待は持たない方が良さそうだがマイネルの馬にしてはそこまで悪質に出ずまとまり感もある。

 

 

タイムトゥヘヴン L

挙動に評価出来るポイントはない。

 

 

エルトンバローズ CM

かなりCに寄っているとすれば道悪に対応出来ずの悪くない凡走。次走大阪杯で良馬場なら巻き返しに期待。

 

 

 

大阪杯楽しみですね。

 

2024 フェブラリーS 予想・回顧

【予想】

 

オメガギネス M

砂被りも問題なく弱点が少ないのが1番の特徴。

ごまかしの効かない形の競馬になりがちで個体能力でどこまでかという構図。重賞未勝利で経験値が薄い割に馬券内のどこかにはいないといけない立ち位置で若干の苦しさはある。

悪い馬ではないが4歳で1人気1着が出来たカフェファラオのレベルにはまだ達していない。3〜5着イメージ。

 

 

ウィルソンテソーロ SC

格上げのかきつばた記念で同世代のドライスタウトと叩き合いでハナ差勝ち。多少Lも持っているが基本的にはセカンドクラスのSC系イメージでこのメンバー相手なら質と能力で上位。

初OPの名古屋城S、初G1のJBCクラシックは格負けではなく連続好走による自身の体力ストック枯れ、もしくは単なる中休みと見たい。

チャンピオンズ、東京大賞典と一段上のクラスで上手くSを使って連続好走しているが、どちらも裏技を使ってのフロックではなく明確な地力を背景にした好内容と見ている。

連続好走のストレス、疲労的な部分については、位置取りの躍動感&差しへの位置取りショック、中央の鮮度&充実度ピークの5歳という部分で乗り超えて欲しい所。

 

 

ドゥラエレーデ LS

質、能力共にそれなりに高いレベルにあるパワータイプの先行馬。3歳でチャンピオンズ、東京大賞典を3着は強い。

大崩れするイメージはあまりないので相対評価でどこまでか、という扱いにせざるを得ない。頭で来るパターンもあると思うが個人的に絶対評価でこれを買うのは難しい。

 

 

ガイアフォース S

量や精神力は薄く、一本調子にスピードとパワーで押し切るタイプで元々ダート馬っぽい構造と評してきた馬。同じクロフネ系でソダシと近い。

短縮やペースアップにも強く、ショック(ダート替わり、短縮、差し)の掛かりも良さそうなのでここはストレートに評価。

 

 

キングズソード SM

砂被り◯のパワータイプの差し馬。道悪等で軽いスピード質の前残り競馬になると良さが活きない。

ある程度しっかりした馬質で旬が短いタイプには見えておらず、前走の凡走からそのまま不振期に入る感じはしない。2走前までのリズムも抜群だし、1つ凡走を挟んでの交互で巻き返しがあって良いタイミング。

 

 

レッドルゼル LM

一応格のある高齢馬の休み明け。好走する時も意外性はなく、このくらいの立ち位置なら単は要らないが3〜5着ならあっても良い。

この段階になると人気になってG3を勝ち切るよりこういうタイミングで掲示板に飛び込んでくる方が馬は楽。ただピークアウトはしているだろうしわざわざこの馬の複勝1点というのは気乗りしない。

 

 

イグナイター LM

ダウン向きっぽく見えており、相手の土俵で戦うのは苦手な印象。リズムが良いので怖さはあるが。

 

 

タガノビューティー LM

砂被りも馬群も問題ない万能タイプの差し馬。

前走は展開不向きなので一応ノーカン、人気落ちでハイペース待ちという今回。ダウンのコーラルでやっと1着が獲れたように若干まとまりに寄って来ているので、こういうお誂え向きなタイミングであったとしても過度な期待はしない方が良さそうかなという感触。3着狙いイメージで相手として買う分には。

 

 

ミックファイア L

量系。本質を問われた前走のような局面で大敗しているようでは苦しい。

 

 

ドンフランキー MS

脚質でごまかしているが意外と優等生タイプで、どこまでも突き抜けていく破壊的なSとはまた違う。

この別カテゴリーへの挑戦で通用する程の力強さは感じない。

 

 

アルファマム LS

タガノと同じく根岸後方凡走組。あくまで自分の形をキープする差し馬で相手依存な面が強く、個体に対して高い評価はしていない。展開待ちで相手として押さえるなら。

 

 

シャンパンカラー L

NHKマイルが良馬場なら勝ってない。安田の大凡走が示している通り明確にCが薄い。

 

 

セキフウ C

量やLが薄いため好凡走の波が激しく、好走ゾーンの狭い集中力タイプの差し馬。体力や対応力が薄いので地方や外枠で惰性的な脚の使い方をするのはあまり合わない。脚をためて一瞬の瞬発力を活かす形で。

前走が外枠から捲る苦手な形で1人気5着。集中状態+差しへの位置取りショックもハマったエルムの時には劣るが、内枠なら変わり身に期待して押さえても。

 

 

ペプチドナイル SL

59キロを背負ってハピを競り落としたベテルギウスの内容が強い。

前走本命だったので人気落ちのここはセットで押さえざるを得ない。

前向きさが強いタイプなので短縮も悪くない。

 

 

スピーディーキック C

セカンドクラスのC系。精神構造はしっかりしているが単純に個体能力が足りていないというタイプ。ここも厳しい。

 

 

カラテ LS

Sがかなり落ちて来た。悪い馬ではなかったが今はもう厳しいかな。

 

 

 

【評価】

◎ガイアフォース

◯キングズソード

▲ペプチドナイル

△ウィルソンテソーロ

 

難解というより切り口が多い。

 

【回顧】

スクリーンショット 2024-02-20 8.40.10.png

 

◎⑦ガイアフォース 単勝¥1,000、複勝¥9,000

▲⑨ペプチドナイル 単勝¥500、複勝¥4,500

 

個人的にはペプチドナイル云々よりも本命のガイアフォースで勝てた事の方が大きい。単勝に甘えず、ソダシのフェブラリー3着イメージで複勝メイン。

 

 

ペプチドナイル SL

やはりベテルギウスから馬が変わっている。ピンパー質で逃げ一辺倒だった昨夏とはイメージが違う。Sが強過ぎたせいで長距離戦で持て余し、短縮や逃げでのみやっとコントロール出来ていた馬が、一定のCを付加して自身で精神コントロール出来るようになっての変わり身。

前走の東海Sが重馬場でスピード質の淡白な前残りレース。そういう所を軽く凡走しての格上げ短縮タフ条件替わりで好走。このベテルギウスからの3戦の流れ(重好走→軽凡走→重好走)は分かりやすいが濃密。

量は薄いので幅広い条件で安定、とはいかないが、今後も豊富なパワーとSを活かしてポイントポイントでの力強い走りに期待。

 

 

ガイアフォース S

S・パワー・スピードというゴリ押し系の能力に秀でている馬で、量や精神力・格という良質系の要素からは離れるので一流馬のクラスには手が届かないタイプ。こういう主役不在のパワーレースはベスト。

常に自身の形をぶつけてそれが通用するかどうかという突っ張り相撲タイプなので芝・ダートは関係なく今後も両刀でいけるが格の壁には当たる。

※スタート後にオメガギネスに寄せられた時に大きく外に逃避している。多頭数内枠のスロー等で馬群で揉まれる形はやはり厳しい。

フェブラリー○、マイラーズ◯、かしわ△、安田×、帝王×、毎日王冠◯、秋天×、チャンピオンズ×、東京大賞典×。

 

 

セキフウ C

巷でよく言われている揉まれ弱いというのが個人的にはあまりピンと来ていないが、外を回す競馬で圧倒出来るほどの体力を持っていないのでどうしても安定感は出ない。ダート馬にしては異質な、集中力・瞬発力・トップスピードで勝負する芝馬のようなタイプ。なし崩し的にダラダラと脚を使わされるのが合わないのでとにかく道中で脚を溜めたい。

地方より中央で、狙い所はピンポイントで。

 

 

タガノビューティー LM

勝ちに出たと言っても4角では脚を溜められているしこのくらいは許容範囲。瞬発系の差し馬ではなくズブさのある馬なので直線に向いたら追い出したい気持ちも分かる。

ほんの少しの差で負けただけで、展開も味方にした方だし自身の能力もしっかり発揮出来たし内容的には悪くないのかなと。

所々で好走しているにも関わらず、近走で唯一勝てているのが格下げ戦のコーラルだったというのが今のこの馬の力を示している。現状はダウン向きのハイペース雪崩れ込み差し馬。馬群、砂被りはOK。

 

 

キングズソード MS

前走の凡走だけですぐに反発出来ると思っていたが、ここ2走連続で少し活力を落としているような挙動。連勝でG1まで勝ち上がっても不振期に入っていないのは悪くないが均衡状態の可能性はある。

もう1戦は様子見かな。今年の秋〜来年にかけては戻して来そう。

 

 

レッドルゼル LM

ガツガツしたSっぽさが一切ない、高齢のまとまり系らしい挙動。人気薄で上位を脅かすようなパンチの効き方はしていないので基本的に人気通りの着順に落ち着くイメージで問題ない。

 

 

ミックファイア LS

短縮内枠で量系としては厳しいタイミングだったが大きく崩れる事なく前向きさをキープ出来たのは今後に向けて良い材料。

 

 

ウィルソンテソーロ SM

短縮ペースアップで脚を溜めてなんぼのタイミングで前受け、ハイペースに付き合ってしまい凡走という結果。ただこのキツい形で大きな破綻を起こさなかったのは流石。今回は良馬場ハイペースでタフな展開になってしまったのでストレスや疲労が露呈してしまったが、道悪等で淡白なスピード質のフェブラリーになっていればリズム優位になるので分からなかったと思う。

結構良い馬だと見ている。この後ドバイだとどうなるか分からないが今後も好意的に見ていける。

 

 

ドゥラエレーデ LS

揉まれたり砂を被りたくないというのが明確にあるので鞍上がスタート後に一気に外へ(制裁あり)。それでも直線で結局砂を被る形なってしまい伸び切れず。

基本的にL主導の体力質の馬なので短縮ペースアップが厳しかった。差しに回りたい所だったが気性的にそういう形が難しいので結果的にはどうしようもなかったという内容。長い距離、外枠ベター。

 

 

オメガギネス M

経験値が薄い中での1番人気、スタート後の不利もあったが全く耐える事が出来ず。これはあまり良くない凡走。

淡白なスピード質を好む完成度主導の馬で、前走の楽今回の苦条件で普通に投げ出してしまった。ダウンやスピード質の馬場等、自身のフィールドで。