最強競馬ブログランキングへ

2021 オールカマー 予想

【個別分析】

①ウインマリリン SM G2

G1級ではないがS主導でそれなりの能力と完成度がある。休み明けは問題ないので怪我の影響さえなければそれなりに走って来る。

 

②ウインキートス SL G3

前走厳しいレースで苦を味わっているので多少の苦→楽は引けるし、仕上げ的にも上げ幅はある。ただ最大限のパフォーマンスを出せたとして、G3ならまだしもがっつり主流路線のG2で通用するかどうかはまだ疑問が残る。紐なら評価しても良いが。

 

③セダブリランテス SL   OP

SL系として単純にここ2走の負け方が良くない。元々良い馬ではあったので変わり身に期待したくなる気持ちは分かるがそれなら個体的にはアップ延長よりはダウン短縮の方が良いと思うが。Mとか個体分析関係なく調教が抜群に良いから押さえるというのは別にアリ(笑)

 

④アドマイヤアルバ L OP下位

目黒の3はたまたまですからね。

 

⑤ソッサスブレイ SL OP〜G3

近走の挙動は良いが足りていない。差して来るSはあるので大幅に差しに展開が向けば。

 

⑥ランブリングアレー MCL G3〜G2

タイプ的にSではなくCL寄りのM系。この馬のパフォーマンスの基準点だが、2021の愛知杯を地力で6人気1着(仮)として見ればタイプや能力を大きく間違える事はないかなと思う。体力の補完はあるので、中山マイルを人気でS負けした後の延長中京20が本質というタイプ。前走のVMはCの働きと差しの楽を拾っているのでVM2着馬という格まではいかないが、今回はダウン延長という事で個体としては全然悪くない臨戦。ここ3戦をM的にこねくり回して無理に嫌う必要はない。

 

⑦ブレステイキング LS   OP

元々量でギリギリ保ってはいたが本質は脆いタイプの馬だった。休み明けでピンパーの場面ではあるがこの馬質だと変に期待は持ちたくないかな。

 

⑧サトノソルタス LM OP〜G3掲示

体力レースだった新潟大賞典で必死に3着を確保するようなレベルの能力と馬質なのでこういうガチな場面では基本的に厳しい。個体としては凡走後の延長は合うので今回がOPならやれても良かったが。

 

⑨マウントゴールド CM OP〜G3

前走3〜4コーナーで既に手応えが悪く、体力的にキツい所から最後踏ん張っている。馬質が良い分、激走の4着ではなく踏ん張っての4着になっている。良い馬なので今回3着候補で押さえたくなる気持ちは分かるしこのオッズなら押さえても損はないかもしれないが、肉体的なお釣りの面で不安がある中でそもそも格が足りていないというのは大きい。手を出すのを我慢出来るかどうか。

 

⑩キングオブコージ LS   G3

ユーキャンスマイルのようにがっつり重いLSの差し馬ではないがそれでもタイプ的にはそんなに良い方ではないLS。中途半端な質なので主流路線ではワンパンチ足りないイメージで、長距離路線ならもう1個くらいG3を勝っても良いくらいのライン。

 

⑪グローリーヴェイズ CM G2

加齢によってM質が成熟していく(丸くなる)というよりは、こういう質感の馬はペルシアンみたいに自身のキャラクターに特化していくイメージ。ここはサボると見ている。

 

⑫レイパパレ MS G2

前走ユニコーンライオンに差し返されたという事でMラーからの評価が下がりそうだが個人的にはそんなに悪い印象はない。大阪杯の1着は置いておいて、それなりのレベルのSM/MS系としてチャレンジ1、宝塚3というのを素直に額面通り受け取っておくべきかなと思う。前走の挙動的にまだ余力を残しているしここはまだ無難と見ている。

 

⑬ゴールドギア LS   OP

OPクラスで重さと軽さが中途半端な差し馬。

 

⑭アールスター M   OP

特に武器のないOPクラスの馬。

 

⑮ロザムール SL G3掲示

パンチの効いたSL系でそこそこの能力はあるが上質な感じはない。ここはベタに交互イメージ。

 

⑯ステイフーリッシュ MC G3〜G2

タイミングも舞台も全く問題ない。この馬の善戦キャラ以上に馬質自体は良いので常にあまりナメずに見た方が良い。

 

 

【評価】

◎ウインマリリン

○ランブリングアレー

▲レイパパレ

△ステイフーリッシュ

 

レイパパレは消す必要はないと思いますがパフォーマンスのピークを打った馬ではあるので、それよりはまだ上のある2頭を上に取りました。

ほぼ横一線の評価ではあるので序列をつけるのが難しかったですが差しを意識した時にウインマリリンの春天からの短縮をプラスに見たという事です。

2021 ローズS 回顧

【評価】

オパールムーン

◯クールキャット

▲プリュムドール

△アンドヴァラナウト

 

1着:アンドヴァラナウト SM

前走の勝ち方的に確かにSとリズムはあるが格で抜けている挙動ではなかった。タイミングの恩恵を最大限活かしてリズムと脚質と量でひとまずここまではこなして来たが、今回も抜けている挙動ではなかったのでG2勝ちの格保有馬とまではいかない。本質はまだSLの可能性まで見ている。

 

2着:エイシンヒテン S

そんなに強くはないが別に弱くもないレベルの馬がソーヴァリアントからの解放+楽逃げで自身の能力を最大限出したらこの位置だったという事。リズムと活性十分の馬には負けたが、3着以下はアールドヴィーヴルを筆頭に皆活性が弱くてほぼ動けていないくらいのイメージで良い。

 

3着:アールドヴィーヴル ML

中京だからなんとかごまかせたがこれ小回りだったらアウトでしたよね。桜花賞オークスがどちらも雪崩れ込んでの5着で決定的にS不足を露呈していた。どちらかと言えばSではなく体力寄りのL保有のM系のイメージ。活性が弱い=活性をつけられない=Sが弱いという図式が逆側からも成り立つ。

ファインルージュは桜花賞で4角で中団から番手を上げて3着、オークスでは適性外の凡走で明確にS感を見せていたのに対して、こちらは桜花賞では4角で番手を落としながら雪崩れ込み5着、オークスもL寄りのレース質に対応しながらも後方から雪崩れ込んで5着。ここに馬質の大きな差がある。こういう体力系のタイプは格で飲み込めなかったらほぼアウトだと見ています。特にこの後内回りの阪神20にベタっとした活性のない臨戦で来る訳で、人気落ちどうこうという話ではない。

 

4着:ストゥーティ SL

元々先行力があって明確にS寄りのタイプ。ただ前走道悪で圧勝して来たように体力が補完でついているので、S寄りの先行馬の中でもタイミング的にも軽快さを持ったアンドに先着され、この馬は重さの点で遅れをとったイメージ。強い所とやってもそれなりの内容は残せているので重さのある先行馬としてそれなりの成績を今後も残していきそうなイメージはある。対してアンドは量と軽快さでここを乗り切ったのでこの後本質がどうなるかはまだ未知数。

 

5着:タガノディアーナ LS

枠の影響も多少はあるが現状は足りていないLS系。体力か格で飲み込むタイプなので現状はオプションの助けが必要。

 

6着:オヌール LM

強くない。タイプ的にもタガノディアーナより上のレベルで保有している要素が特にない。

 

7着:エンスージアズム ML

特に評価する所がないですかね。現状は変に期待を持たずに自己条件からまた上がって来た所で細かく見れば良いと思いますが。社台のディープ産駒にしては完成度が低い。

 

8着:アイコンテーラー LS

ラジニケで明確に弾かれており今回も全く同じ。能力以外の理由はない。

 

9着:プリュムドール LC CL

現状は集中状態という事でCLイメージで引き続き前向きな走りはしていた。ただ明確にS不足というのは考慮するべきだと思います。格がある訳でもないので今回は仮に稍重で体力勝負になれば掲示板に入れるくらいのレベル。体力を精神で駆動させている馬なので体力舞台になればパフォーマンスを上げるし、駆動の精神が参るとダラっとしたパフォーマンスになる。仮に本番出られて重〜不良レベルの道悪なら3着候補で評価するかもしれませんがフラットに見たらこの馬そんなに良質ではないです。

 

10着:スパークル LS

明確に弾かれている。体力系のS駆動。

 

11着:クールキャット M

フローラで明確に当時のメイサウザンアワーより上という格は見せている。今回は位置取り的にも勝負になっていないし特に気にしないで良い。S系の差し馬ではなく格感を備えたM系のイメージ。

 

12着:タガノパッション LS

今回についてはアンドヴァラナウトと対極の存在だった。ハイペースで差しに展開が向いたオークスで追い込んで上位に来たのがこの馬で、ほぼゼロ活性のフラット休み明け。不利どうこうではなく個体としてそもそも厳しいタイミング。ただスイートピーの内容は評価しているので馬個体の能力を今回の凡走で引き下げるつもりはない。現状はタガノディアーナと同じように延長とかダウンとか少頭数のようなオプションがある方が良い。

 

13着:コーディアル LS

S感が薄く、強くない差し馬。

 

14着:オパールムーン S

差している時の挙動に悪い重さを感じておらず、澄んだ馬質のS系という印象だった。だから今回のようにスーッと位置を取れる訳で、その辺を踏まえての「逃げたら面白い」という予想の見解でした。正直ここで位置を取るというのが当たった時点で勝ちくらいの感覚です。結果的にこの形で押し切るにはもう少し熱してSの充実度を持った状態でないと厳しかったという事。体力があればと言うのは簡単で、この馬がここで残れるような体力質を抱えているのならそもそもここまでの大幅な位置取りは掛けられない訳です。タイプとしてはコントラチェックと似ている。

 

15着:メイショウオニユリ SL

16着:レアシャンパーニュ LS

この辺はただただ弾かれているので特にないです。こういう上がり馬がしっかり人気にならずに、似たような馬柱のアンドヴァラナウトはしっかり人気になっているのは凄いなと思います。

 

17着:イリマ LS

これの前2走は明確に連チャンのS挙動ではないです。今回の結果を受けなくても判断出来る。体力寄りのS駆動タイプ。

 

18着:オータムヒロイン LS

これも体力タイプ。現代競馬の主流っぽい所だと厳しいと思う。