最強競馬ブログランキングへ

2022 スプリンターズS 回顧

【評価】

◎ジャンダルム

◯ウインマーベル

▲メイショウミモザ

 

 

1着:ジャンダルム MLS G3

スピードと駆動で構成された軽いLS系。確かな先行力を小回りコースの内枠で最大限活かした形。強いSによる先行位置取りのショック的な跳ねではなく、あくまでなんとか凌いだという内容。パフォーマンスとしては高松宮記念の0.4差と大きく変わらない。体力が豊富なタイプではないので外からの捲りが1番合わない。内前や後方でタメての瞬発的な抜け出しがこの馬の武器。

 

 

2着:ウインマーベル CM G2

今回やっと量を捨てて(量で賄えなくなって)本質を見せて来た。やはり橘→葵で見せたようにしっかりとした精神構造を軸に持っている馬で、初G1で馬群で強い圧を受けながらも相対的な強さを引き出して来たという内容。がっつりSに寄ったタイプではなくC主体にバランスの取れた馬で距離的には恐らく1400ベスト。開幕週の中山や小倉等でがっつりのスピードを要求されるとキツそうだが、そこを除けば1200〜1600まで幅広く対応出来そう。今回はジャンダルムの立ち回り力に僅かに届かなかったが質的にはこちらの方が良い馬。

 

 

3着:ナランフレグ LS(C)量   G2

Lの質自体は体力とスピードの中間というイメージ。Lと量の大きさはこのカテゴリーではトップクラスなので異質な形を見せられるが、補完のSがワンパンチ足りないのでG1馬らしい迫力が出てこない。これも本質的には1400ベストで明確に小倉・中山<中京というスプリンター。加齢の影響は出にくい構造なので来年のシルクロードS(次まで中京?)、高松宮記念は十分有力。

 

 

4着:ダイアトニック LS   G3

安田記念からのカテゴリーチェンジ+相手弱化という事で前提(枠組み)としてのCの要求が薄まって自身の能力をしっかり発揮出来たという内容。ただもう一押しのSとCが足りないのがこの馬の現状。内有利のレースバイアスにもしっかり乗って、文字通り最大限走ってこのメンバー相手に4着という結果。今はSとC要求の薄さからダウン1400ベスト。

 

 

5着:ナムラクレア MCS   G2

フィリーズレビュー2着の時と同じで、外を回して飲み込める量的なタイプではない。精神構造の良さを活かして馬群で上手く立ち回る事によって質の高い走りが見せられるという馬。前走で1人気3着という字面以上には頑張ってしまった反動を内包していたタイミングで、外回しの負荷まで掛かったのに破綻させなかったのは流石の精神構造。ワンパンチ足りない感は否めないがG1でも内容の濃い2〜3着が取れる馬。この馬の将来のためにも早めに騎手を変えた方が良い。

 

 

6着:エイティーンガール CL   G3

叩き2戦目のアップ内枠で内容を上げるというC系らしい挙動。駆動のSが足りないので善戦止まりとなったが質的には良い馬。S不足を考慮しての落とし所として、1400や道悪等で追走力の要求が弱まる場面で。開幕週の中山・小倉はキツいタイプ。

 

 

7着:トゥラヴェスーラ LC(S) G3

休み明けやカテゴリーチェンジ等のフレッシュさに反応するタイプ。基本的に肉体(体力+スピード)と精神力のバランスが取れていて、タイミング次第でSの後押しが効いて来るイメージ。もう少し躍動感があっても良いタイミングだったと思うので鮮度が薄れた影響を今後も考慮に入れておきたい。これまで以上に勝ち切れなくなりそうなイメージ。

 

 

8着:マリアズハート MS   OP上位

走れるタイミングだったので外枠とこの乗り方は勿体なかった。体力、スピード、パワー、精神力とどれもそこそこ保有したまとまり系。OP上限で考えたら良い馬と見れるがG3だとまとまり感が仇になる。

 

 

9着:シュネルマイスター CSM   G1

格でまとめるにしても内前バイアスの強い今回のレースだともう少し位置を取っていないと厳しかったという事でしょう。この馬の場合グランアレグリアとは違って、量ではなくC由来の格。物理的に無理な位置から全てを飲み込むというのは難しい。勝負出来る位置で精神力の優位を使って格でこなすというイメージ。負け方も悪くないし次走マイルCSなら当然有力。

 

 

10着:ファストフォース LS   G3

軽いスピードタイプのLSで非C(淡白)。単調なセントウル連対の非C系2頭が中山替わり+アップの苦で凡走という構図。休み明けや広いコース等、淡白な条件で。

 

 

11着:ヴェントヴォーチェ LS   OP〜G3

3〜4角で外を回した事によって持続質に寄ってしまい、ラストでは見た目以上に垂れている印象。春雷もキーンランドも明確にタメを作れた上での瞬発力。物理的に外を回さなくて済む内枠ベターなタイプで好走レンジが結構狭いので人気に関わらずハマり待ちになる。

 

 

12着:メイショウミモザ S   OP〜G3

内で体力を温存してSを発揮させるというこの馬の形にはなったがこのリズムだと流石にG1では厳しかったという内容。こうなると完全にリズムを崩した構図になるので、休ませて再スタートした後で。

 

 

13着:タイセイビジョン LSM   G3

リズムより蓄積したマイナスが上回り、鮮度が薄いので乗り越えられなかったという内容。ここで吐き出したので休み明けのセカンドクラス以下のレースで。

 

 

14着:メイケイエール 量LS   G2

許容範囲系(量主導)の馬が中山1200のG1でしっかり追走した事によってあっさりその許容範囲を超えてしまい、そうなると耐える資質を備えていないのであっさり破綻してしまったという内容。1200で勝っているのは中京だけで、単調な広いコースで量優位の競馬で結果を残して来たタイプ。1400ベストで量に頼る非CのLS系。弱い馬ではなく、優しい条件でこの馬なりの強さを発揮出来るというタイプ。次走休み明けダウンでシルクロードSみたいなお誂え向きの舞台で2倍ついていれば割の良い丁半博打だと思う。

 

 

15着:テイエムスパーダ S   OP

斤量が増す毎にパフォーマンスを落としており、この馬がCBC賞で見せたスピードは単純に48キロという異次元の軽斤の恩恵がかなり大きかったという事。圧勝した阪神1200の2勝クラスのレースも挙動は全然良くない。これをSと見るかLと見るかは難しいがどっちでも良い。個人的に先行力という意味だけを取ってSとしている。

 

 

16着:ラヴィングアンサー LS   OP

能力、タイプ、脚質全てが今回のレースに噛み合っていないのでどうしようもない。OPで道悪のタフな差しバイアスレースで。

 

 

メンテナンス中のため馬券画像は省略。

◎ジャンダルムの単¥300複¥3700で9割。あとはウインマーベルとミモザの単をちょろちょろ。

ひとまず秋のG1シーズン及び複勝専門店杯で良いスタートが切れて良かったです。イイねやコメントありがとうございました。嬉しかったです(^ ^)

「競走馬の事を理解したい」という動機で僕なりのMを突き詰めて来ましたが、徐々に掴める範囲が深く広くなっている感触です。

個体分析の精度と鋭さのレベルアップと、分析と馬券を噛み合わせる競馬力の向上。これからもベストを尽くします。

 

次回Mタイムは秋華賞週予定。よろしくお願いします!

 

 

【次走以降注目馬】

・ウインマーベル

・シュネルマイスター

2022 スプリンターズS 予想 

【個別分析】

テイエムスパーダ S OP〜G3

Sを使って逃げている馬だが、爆発的な強さのSではないし交互系のS質でもない。能力的に足りていないので大きな前バイアスに乗れてどこまでか。この手のタイプの斤量増は良くない。一瞬これか?と考えたがちょっと足りない。

 

 

②ジャンダルム MS   G3

昨年は一時的にスタートが悪くて追い込み届かずという競馬をしていたが、ここに来てスタートが安定して来た。Hペースの高松宮記念馬なりで直線で先頭に立てるくらいの安定した先行力。体力に頼る持続タイプではなく、直線の短いコースでクルッと回って立ち回り力を活かすのがこの馬の形。

前走は休み明け+大外追走での体力破綻。走れるタイミングでの人気落ちには警戒しておいた方が良いタイプ。凡走後で動けるタイミングで高速馬場の中山1200の内枠、スタートを決めてスッと先手を取れば走れる。

 

 

③メイショウミモザ S   G3

LやCの後ろ支えが弱く、1戦必勝でSを放出して来る交互系。6走前の巌流島Sで11人気で0.5差の圧勝をしている時点で異質な馬だと判断出来る。阪神牝馬は自身の交互+休み明けのもっさりした人気馬達と一線を画する1200臨戦という鋭さで激走。VMは完全に×のタイミング。クイーンSは適性外の距離を先行して体力切れ、前走は大外を回して体力切れ。体力ではなくSの鋭さで勝負したいS系の牝馬、凡走後の内枠でタイミングとしては悪くない。Sによる激走のスイッチさえ入ればそこそこ突っ込んで来る。

 

 

④ダイアトニック LS   G3

全盛期はもっとSが強くて、それをCと取れてしまうくらいのレベルの力強さがあった。金杯からの短縮1400の阪急杯はLっぽくスカッと勝てるが、延長での安田はC的にキツいというのが現状。活力自体の低下も感じるので今はダウン1400がベスト。安田からの王道短縮でショッカーっぽい構図になっているが、3着だった宮記念も差しというよりは前でパワーで押し切る内容だったし案外1200を差して好走した実績は薄い。M的な構図と内枠だけで買うには心許ない。

 

 

⑤エイティーンガール CL   G3〜G2

単純な追い込み脚質のLS系ではなく、C系らしく叩いて集中してパフォーマンスを上げて来るタイプ。2年連続で連対していた得意条件のキーンランドを叩き台に使ってここを狙う臨戦にはかなりの好感を持てる。その前走もC系の休み明けとしては上々の内容。Sと活性の不足だけが懸念で、道悪外差しのバイアスがあれば本命まで考えられたタイミング。

 

 

⑥ナランフレグ LS(C) G2

SではなくLで飲み込むタイプの追い込み馬。高松宮記念で馬体を減らして激走した後だった前走の延長は肉体的にかなりの苦のタイミング。宮記念で多少なりともエネルギーを放出していた事を考慮するとよく耐えている。タイミングが良ければマイル重賞でも十分狙えるタイプの馬だと思う。安田を使ってカテゴリーストレスを抜きつつの王道短縮という臨戦はかなり良い。休み明けで疲労もないので動けるタイミングで、ギアが入っていれば馬群も割れる。

 

 

⑦ウインマーベル LS(C)量 G3〜G2

橘ステークスでLっぽく巻き返した直後のアップ短縮で位置を下げて1人気1着の圧勝という時点で馬質的にかなりしっかりしている。そして初の古馬重賞への格上げでもしっかり対応。Sに特化したスプリンターではなく、現状は量や精神力を感じさせる挙動でまだ奥行きがありそう。鮮度と量を保有していてリズムも良い。スプリントG1で明確に能力が足りているかどうかは分からないが減点材料はない。

 

 

⑧ファストフォース M   G3

Sが強くない割に先行力はそれなりにあるという馬で、スムーズに前で運ぶ事が出来れば惰性で残せる。前走単発の内容に関してはそれほどストレスを残すものではなかったが、サマースプリントシリーズを3つ使って来たというのはあまり良くない。鮮度も薄いし上げ幅は全く持っていないので、その中で内前有利なトラックバイアスに乗ってどこまでか。

 

 

⑨ナムラクレア MSC G3〜G2

補完でCを持っているのでG1でも大きく崩れないが基本的にSやCに特化したチャンピオンタイプではない。クラシック路線から外れた事で戦う相手がガラッと変わり、かなりの鮮度補完を受けて気持ちよく走ったのが函館SS。前走の北九州記念は鮮度的にもリズム的にもまだ大丈夫という所で、必要以上にエネルギーを使って激走してしまったという内容。2回使った事で鮮度とSのストックを消耗し、こうなるとほぼ本質のみで戦わないといけなくなるというのが今回。人気を背負ってのスプリントG1という舞台で、本質と少しの鮮度だけでは若干荷が重い。

 

 

⑩タイセイビジョン LS   G3

重くもなく軽くもなく、Sは効いているが中途半端にLが蓋をしているイメージ。致命的な疲労やストレスは抱えておらず、リズムの良い差し馬なのでそれなりに走れると思うが、挙動的にも戦績的にも躍動感に欠ける。こういうのが来れるとしたら道悪等で差し展開に大幅に振れるパターン。

 

 

⑪トゥラヴェスーラ LS(C)   G2

休み明けやダウン、カテゴリーチェンジに反応して走ってくるLS系。夏のスプリント路線を使い詰めていた場合、初戦はダウンで連対するだろうが今の不気味さは醸し出してないと思う。ポイントポイントで良い走りをしてくるのでLS系の中では良い部類の馬だが、芯の強さや勝ち切る資質という意味ではワンパンチ足りない。

 

 

⑫ヴェントヴォーチェ LS   G3

スピードを持続させるSの強いスプリンターではなく、タメを作ることによって瞬発力を出せるタイプの馬。前走ルメールが完璧に乗ってあの程度の内容なので基本的には足りていない。グッとタメて追い込みに回れば自身の能力は出せるがそれが出来るかどうか。

 

 

⑬メイケイエール LS   G1.5

G2までなら量が効く1400ベストのLS系でCはそこまで感じない。許容範囲系の馬。

休み明けの前走で馬体増で気持ち良く走った後の格上げになるので、タイプ的にはパフォーマンスを落とすベクトル。その中でどこまでまとめられるか。

 

 

⑭ラヴィングアンサー LS   OP

重くて活性に欠ける体力系の差し馬。レース質とトラックバイアスにタイプが噛み合っていない。

 

 

⑮シュネルマイスター CS G1

格と精神力を兼ね備えた良質馬。馬の造りはこのメンバーの中でトップクラス。マイルからのカテゴリーチェンジで実質的には相手弱化の構図になるので格でそれなりにはまとめて来そう。ただ明らかにSではなくCに寄っていて、カツカツというよりは優雅なタイプなのでこのカテゴリーでいきなり頭でズコンというイメージは薄い。買うなら単ではなく複。

 

 

⑯マリアズハート MS   OP

牝馬にしては馬体が大きくてパワーがあるが一定のCも保有しており、結果的にどっちつかずの中途半端なM系というイメージ。前走の凡走は激走後の反動の場面だったので酌量出来る。能力的に足りていない馬だが、走れるタイミング+カテゴリー鮮度があるので内枠なら考える事は出来た。

 

 

【評価】

◎ジャンダルム

◯ウインマーベル

▲メイショウミモザ

 

明らかにパフォーマンスを落とすであろうタイミングのメイケイエール。

耐えられるかもしれないけれど破綻の可能性も秘めているナムラクレア。

格でまとめられるかもしれないがタイプ的には明確に合わないシュネルマイスター。

これら3頭を丸ごと無視して、能力では劣っているが減点材料が少なく、内で無難に走れる3頭を評価しました。

 

今週から開幕する複勝専門店さん主催の「複勝専門店杯」は◎ジャンダルムの複勝で勝負します!

2022 オールカマー  回顧

 

【評価】

◎ソーヴァリアント

◯ヴェルトライゼンデ

▲テーオーロイヤル

 

 

1着:ジェラルディーナ M G2.5

前走凡走後で自身が走れるタイミングでの人気落ちの楽と延長+乗り替わり+少頭数内枠で位置を取れた事が相まって綺麗な好走。Sっぽい抜け出し方ではなく、量とか完成度の差による挙動。上位が破綻した事によってまとまり系の人気落ちが見事にハマった。

(1800〜2500)(少頭数)(人気落ち)

 

 

2着:ロバートソンキー C(LS) G2.5

少頭数と上位破綻の恩恵は明確にあったので実質G3へのアップというイメージだが、内枠からSを見せつつ激走して来た所に精神力は感じる。基本構造はLSっぽいが主導として表にCが出て来ているという個体イメージ。格の壁と体力破綻に注意。

(2000〜2500)(やや強い相手)(中位人気時の紐)

 

 

3着:ウインキートス SL   G3

スローで道中楽を感じながら運べた事による好走。自身のリズムで走れる事が重要な馬なので今回のような展開になればこのくらいは走れる。寧ろ走れる条件がしっかり揃ったのに直線半ばで垂れて3着だったという事に物足りなさを感じる。

(2200〜2500)(マイペース)

 

 

4着:バビット S   G2.5

他馬からの圧がほとんどなく、マイペースに運べた事によって投げ出さなかったという内容。単純に休み明けの楽に反応した非Cの挙動ではなく、次走まだ上げ幅を持っていそうな雰囲気を感じる。

(1800〜2500)(マイペース)

 

 

5着:テーオーロイヤル M(CL)   G2

体力質のレースで良質さを見せるタイプでSはやや物足りない。格的に上位っぽい捲りの雰囲気はあったが、インで活力満点で走っているジェラルやウインを不利な外から体力で飲み込むほど強いLやSに振れていないというイメージの凡走。休み明けで少しボヤけた所もあって、そこを集中状態のロバートに狙い撃たれてアウト。ここをL全開で走ってくるようだと春天の3着がおかしいので、個人的には良質なC保有のM系として悪くない凡走と見ている。

(2400〜)(活性要求△)(体力質)

 

 

6着:デアリングタクト   L   G2

不利な外を回ったというだけでは片付けられないかな。G1格のLS系のダウンなら多少の不利は飲み込める。直線に入ってからの挙動にSを全く感じなかった。体力と格の雰囲気のみ。ダウンでまとめられなくなったら終わり、と前走後に書いたが思っていたより早かった。

(2000〜2500)(休み明けダウン)(非根幹)(凡走後)

 

 

7着:ヴェルトライゼンデ SM   G3

体力切れの垂れ方。前走もそうだったが休養前より使える脚が短くなった印象。外回りの中山22で外を回して捲って動くのは流石にキツかった。小回りコースで一瞬のキレで勝負したいかな。距離は短めにシフトしていく。

(1600〜2000)(内〜中枠)

 

 

8着:クレッシェンドラヴ LC   OP〜G3

近走で1番頑張っていた日経賞から10キロ以上落としており、C系の休み明けの凡走というよりは単純に活力が落ちているイメージ。中途半端にCを持っているので巻き返しはなかなか難しそう。

(2000〜2500)(叩き良化型)(中〜中枠)

 

 

9着:フライライクバード M OP〜G3

心身のタフさに欠ける非C系。体力的なキツさにも弱いし、精神的なキツさにも弱い。本来はもっと馬体があって体力があればもう少しまとめられる馬なのに、そこがなかなか伴って来ないのかなという印象。体力が弱いので現状は休み明けでリフレッシュされた馬体増のタイミングでないと厳しい。

(1800〜2200)(休み明け)(凡走後)(人気落ち)(内〜中枠)

 

 

10着:キングオブドラゴン LS   OP

とにかく上がりが使えないので離して逃げる事によって惰性で残すしか勝ち筋はない。準OPを勝っただけで単純に強くない。

(2200〜3000)(体力質)(道悪)(ダウン)

 

 

11着:クリスタルブラック SL  

まだ本調子ではないだろうし次も様子見で良いかなと。徐々にリズムをつけたい。

 

 

12着:アドマイヤアルバ L   OP

格上げはそもそもキツい状態だがこのくらい緩いレースでも音を上げてしまうようではダウンでも厳しい。

(なし)

 

 

13着:ソーヴァリアント LS(C) G2

心房細動。ゴリゴリの体力パワー全開という感じではなく、どことなく繊細さを感じている。

以下、予想記事よりそのまま抜粋

体力主体のパワータイプだが良質な精神構造も保有しており、量もあるので完全な格上相手以外には安定する。脚質的に前に行って自ら勝ちに動くタイプなので漁夫の利を得づらく、そのせいで格の壁は苦にしやすいが、精神構造的にアップ戦が全くダメな非C系という事はない。使い詰めてジワジワ良さが出て来るタイプではないので休み明けベストで、あとは格の壁にだけ注意というイメージ。

(1800〜)(休み明けダウン)(少頭数)(体力質)

 

 

 

直前でウインキートスには手が伸びたんですけどね。ソーヴァリは元々本命ではなかったし、心房細動がなかったら来てたという強い自信もあまり無いのでフワフワした参加になってしまいました。ここまでの破綻に振るのは難しかったです。

スクリーンショット 2022-09-26 22.39.19.png

 

【次走以降注目馬】

・バビット

次走に向けて上げ幅を残す凡走。プレッシャーの薄いレース運びがベターなのでG1以外で。

 

・テーオーロイヤル

良い馬だと思うので次アル共なら素直に。JCでも面白いと思うが。