最強競馬ブログランキングへ

2023 東京新聞杯 回顧

【評価】

◎ウインカーネリアン

◯ファルコニア

▲ピンハイ

△エアロロノア

 

 

 

1着:ウインカーネリアン

・G3以下なら先行力と対応力を活かして安定してまとめられるセカンドクラスの先行馬。

・自身より強い相手を後ろから差すという資質は持っていない。

・G1でも逃げ切れるような痛烈な前向きさも持っていない。

 

◯:先行力、基礎スピード、対応力、(延長)、(体力)

×:格上げ、差し

 

ほとんど基礎スピードのみが求められる単調な競馬で前に行く形が綺麗にハマってスムーズに勝ち切り。

セカンドクラスのレースでは混戦になる事が少なく、単純に先行力が活きるので安定するがG1となるとまた別の要素が求められる。

走破時計が優秀と言われているが、勝ち方としてはセカンドクラスそのものなのでこの馬に対しての評価は据え置き。

今後もセカンドクラスのレースで評価。中山マイルだけはレース質が少し違うかもしれないがそれ以外は問題なく対応出来る。

 

 

 

2着:ナミュール 

・心身のタフさが薄く、少頭数戦や高速馬場等、心身に負担の少ない条件で運動神経を活かしたいタイプ。

・エネルギーが充電されている休み明けなら苦手な局面でもある程度対応出来る。

 

◯:休み明け、少頭数、トップスピード

×:連続好走

 

場自体は合っていたがこの馬が位置を取れる事が想定出来なかった。

ここ2走の中距離G1のタフな経験と、前走で距離を気にして(あえて?)控えた事をフリとして使い、休み明けのダウン戦+東京マイルという相対的に軽い条件で位置を取って尚且つ好走出来た。

2200からの大幅短縮という字面だけで判断するのではなくその臨戦の中身を見る事の意味を学びました。

最後はしっかり垂れていて躍動感のない挙動。今回はダウンの優位性を最大限活かして雪崩れ込む形となったが、基本的に前向きさに欠けるタイプでダッシュ力がないので差し競馬になる。タメを利かせて瞬発力を生み出し、少頭数戦で間に合わせるという構図が合うタイプ。

 

 

 

3着:プレサージュリフト 

・体力が豊富なのである程度位置を取って飲み込むような形がベスト。

・休み明け、少頭数、外枠、延長向きの分かりやすいタイプ。

 

◯:少頭数、休み明け、延長、体力、ダウン

×:ダッシュ力、競り合い、格上げ、短縮

 

前走の先行からフッと差しに回る事で追走の負荷を軽減しつつ、瞬発力がなくても雪崩れ込みでギリギリ届く位置で留める好騎乗。

広いコースの単調な競馬が合うタイプで、短縮+格上げのようなレース質が厳しくなる条件が最も合わない。その場合は道悪や少頭数のような救済材料が欲しい。

 

 

 

4着:ジャスティンカフェ 

・自身より弱い相手に対して外からのスムーズな競馬で運動神経で圧倒したいタイプ。

・ディープ産駒っぽい一気のギアチェンジ的な脚の使い方ではなく、ピッチを速くして徐々に徐々に加速していくタイプなので揉まれない位置でスムーズに助走を取りたい。

 

◯:運動神経、少頭数、外枠、ダウン、広いコース

×:摩擦、競り合い、ダッシュ

 

上手く馬群を捌いて外に出しながら加速出来たが、最後のプレサージュとの併せ馬で競り合いの良さを露呈。

ダウン臨戦の優位性もあったこのタイミングで交わせないとなると、対応力に疑問がつく。

人気になりやすいタイプだが好走レンジはかなり狭そう。

 

 

 

5着:エアロロノア 

・位置を取れないので少頭数かダウン臨戦でカバーしたい。

・強い相手に対してどうこう出来る強い精神力は持っていない。

・瞬発力特化タイプのイメージがついているが案外持続質とか安定感寄り。

 

◯:スピード、ダウン、少頭数

×:ダッシュ力、前向きさ

 

前走の内枠からの好位競馬から今回差しに回る形。

連続して前に行ってしまうと負荷が掛かる形だったので、自身のパフォーマンスを落とさないという意味では差しに回ったのは良かったが、短縮で前に行く形が単調なレース質にハマったナミュールとは対照的な構図となってしまった。

スピードタイプではあるものの、豪快に差し切ってくるような痛烈さ、前向きさを持った馬ではない。

福永がそうだったが、武史や川田等、位置を取る意識の高い騎手が乗った時が面白い。タメての差し競馬なら明確にそれが届く条件設定(道悪、少頭数)が欲しい。

 

 

 

6着:マテンロウオリオン

・接戦でも最後まで頑張れる精神力がある。

ダッシュ力と追走力がないので、延長や少頭数で位置を取りやすくなるのがベター。

・G1だとワンパンチ足りないので、軽い凡走後の延長でG2という臨戦が合いそう。

 

◯:競り合い、延長、(対応力)

×:ダッシュ力、追走力

 

位置を取れた割に結果としては物足りなく映るが、それよりもこの馬が位置を取れるようになった事を喜びたい。

そもそもの基礎スピードの要求度が高過ぎて、混戦向きのこの馬の精神力の強さを活かせる場にならなかったのが大きい。

差しが決まりやすい混戦NHKマイルで派手な追い込み競馬をしているが、この馬の本質はシンザン記念の時のような持続質の競り合いでしぶとさを活かす形だと見ている。

この後の延長や中速の持続質戦で。

 

 

 

7着:インダストリア

・トップスピードはそんなに速くないがパワーがあるので小回りコースで飲み込む形が合う。

・道悪や少頭数等、ダッシュ力の弱さをカバー出来る要素があるとベター。

 

◯:パワー、道悪、少頭数

×:トップスピード、ダッシュ

 

やはりスピード<パワーという馬らしい内容。

今回の格上げを苦にした印象はなく、それなりに対応はしているもののどうあがいても連対はあり得ない条件設定だったというような印象。

前に行ってスピードを活かす形がフィットする軽くて単調なレースなので仕方ない。

マイルならパワー持続質の中山がベター。それ以外の場所だったら道悪やハイペースで差しが決まるような展開が欲しい。

 

 

 

8着:ピンハイ

・精神力が強く、内枠や馬群、競り合いを苦にしない。

・対応力もそこそこあるので得意条件以外でも割と安定する。

・馬体が小さく、道悪等で体力を要求されてしまうと対応し切れない。

 

◯:内枠、競り合い、馬群、(対応力)

×:体力、ダッシュ

 

この馬が能力をしっかり発揮したのに単調なレース質に合わなかった、という内容ではなく、休み明け馬体減の影響か、60%くらいの走りしか出来なかった見ておくのが良さそう。馬体の成長を待ちたい。

 

 

 

9着:ファルコニア 

・ディープ産駒だが上がりのトップスピードに特化しているタイプではない。

・これと言った武器はないがしっかり位置を取れて無難にまとめられるので、G3以下のセカンドクラスの混戦で前で出し抜く形を取れる。

 

◯:対応力、安定感、ダウン

×:トップスピード

 

理想的な先行競馬だったが最後は垂れてしまった。東京の長い直線でスピードを持続させられなかったのと、単純に能力の問題もあった。

本当に安定感だけで勝負出来るくらいさらにレベルの低いレースで。

 

 

 

10着:タイムトゥヘヴン

・毎回上がりは使えているが個体としては重く、基礎スピードはやや物足りない。

・上がりの掛かる差し競馬や、パワーを活かせる坂コースが合う。

・加速力はあるがそれを持続させるのは得意ではないので小回りコースが合う。

 

◯:パワー、加速力

×:ダッシュ力、基礎スピード

 

ダッシュ力の弱さから後方に。高速スピードの持続力ではなく、パワー主体のギアチェンジタイプなのでこの舞台は厳しい。

連続連対のような良いリズムの高揚感がある状態なら多少の苦条件でも乗り越えて来るが今は違う。現場は好走レンジが狭い。

 

 

 

11着:プリンスリターン 

・スピードや体力等のフィジカル能力に頼らず、精神力の優位性で好走するタイプ。

・道悪向きのタフさには欠けるので良馬場の持続質戦で。

 

◯:競り合い、内枠

×:道悪

 

走りがかなり重かった。1年以上の休み明けなので仕方ない。

この後ガラッと変わる雰囲気もまだ感じないのでもう少し様子を見たい。

 

 

 

12着:カイザーミノル

・1400〜1800のスピード質の競馬で持続質と精神力を活かしたいタイプ。

・加齢の影響か、前向きさが少し弱まっているので優し目の条件の方が走りやすそう。

 

◯:基礎スピード

×:格上げ、パワー

 

スピードの持続力はあるが、タメてキレるタイプではない。

位置を取れないとここ3戦のように善戦止まりになってしまう。

今は高速馬場の少頭数の1800くらいがちょうど良さそう。

 

 

 

13着:ピースワンパラディ

・トップスピードが物足りないのである程度位置を取って持続力と精神力を活かしてしぶとく粘る形を取りたい。ポタジェ、ファルコニアと似たタイプ。

・自身で派手なパフォーマンスは出せないのでレース質や相手関係次第で着順が上下するイメージ。

 

◯:持続質、競り合い

×:トップスピード

 

出遅れ。

前に行ってパワー寄りの持続力を活かすタイプなので後方からでは厳しい。

中山のマイルか1800で1回見てみたい。

 

 

 

14着:サクラトゥジュール

・上がりの掛かるタフな差し競馬がベスト。

ダッシュ力がない割に前向きさが強くて折り合い難。短縮ハイペースでコントロールを効かせたい。

 

◯:パワー、体力

×:ダッシュ力、トップスピード、折り合い

 

道中の追走からほとんど覇気が感じられなかった。

12月、1月と中山で2つ人気以上に激走して来た疲労が出たイメージで良いかなと思う。

前向きさが強い分、好凡走の波が激しいタイプなのでこの直後は手を出しづらい。数戦凡走を続けるかもしれない。

 

 

 

15着:シュリ

・緩いレースでスムーズに先行出来ればしぶとく残せるタイプ。

・前向きさやトップスピードを問われると厳しいのでダウンや延長が合う。

 

◯:スロー、ダウン、延長

×:短縮、トップスピード、格上げ、体力

 

スローペースで余力を残した逃げ・先行がこの馬の得意な形。

淀みのない高速レースをしっかり追走してしまってエネルギーが切れてしまった垂れ方。

好走レンジはかなり狭いが、そこにハマりさえすれば人気に関係なく好走出来るので、低レベルなスロー前残り戦狙いで。

 

 

 

16着:ショウナンマグマ

・精神力や対応力がないので先行して惰性でどこまで残せるかという一本調子な形になる。

・先行力があっても基礎スピードがある訳ではないので小回りコースでクルッと回って逃げ残す形がベスト。

 

◯:ダッシュ

×:対応力、精神力

 

格上げ+ペースアップという二重苦でしっかり凡走。

低レベルな小回りコースでクルッと回って惰性で。

 

 

 

スクリーンショット 2023-02-07 22.39.38.png

2023 東京新聞杯 予想 

【個別分析】

①プリンスリターン

・スピードや体力等のフィジカル能力に頼らず、精神力の優位性で好走するタイプ。

・道悪向きのタフさには欠けるので良馬場の持続質戦で。

 

◯:競り合い、内枠

×:道悪

 

1年2ヶ月ぶり。G3の多頭数の東京マイル内枠という条件自体はかなり合っている。仕上がっているかどうかだけ。そこさえ問題なければ十分勝負になる馬質。

 

 

 

②ウインカーネリアン

・G3までなら先行力と対応力を活かして安定してまとめられる。

・自身より強い相手を後ろから差すという資質は持っていない。

 

◯:先行力、(対応力)、(延長)、(体力)

×:格上げ、差し

 

先行力のあるセカンドクラスの優しい精神力系。案外先行馬らしいキビキビした前向きさがないので休み明けがどうかだけ。

 

 

 

ジャスティンカフェ

・自身より弱い相手に対して外からのスムーズな競馬で運動神経で圧倒したいタイプ。

・ディープ産駒っぽいギアチェンジ的な脚の使い方ではなく、ピッチを速くして徐々に徐々に加速していくタイプなので揉まれない位置でスムーズに助走を取りたい。

 

◯:運動神経、少頭数、外枠、ダウン、広いコース、(対応力)

×:摩擦、競り合い、ダッシュ

 

G1を軽く負けてからのダウン臨戦でタイミングは良いが、多頭数だとダッシュ力の弱さをカバーし切れないのでやはり少頭数の方が良い。ダウンなのである程度の苦には対応出来るタイミングだが、この枠から揉まれずに加速するには位置を下げて大外、となってしまう。前走はたまたま内が空いたが、今の馬場状態で馬群が固まる事を考えるとイン突きはリスキー。外を回して差し届かずの展開に賭ける事は可能。

 

 

 

④ピンハイ 

・精神力が強く、内枠や馬群、競り合いを苦にしない。

・対応力もそこそこあるので得意条件以外でも割と安定する。

・馬体が小さく、道悪等で体力を要求されてしまうと対応し切れない。

 

◯:内枠、競り合い、馬群、(対応力)

×:体力、ダッシュ

 

馬群は捌けるタイプなので内枠は良い。ただこの馬のダッシュ力のなさは明確で、上手いイン突きで先団に取り付けたチューリップ賞以外では結局差し届いていない。西宮Sは少頭数でその部分をカバーしたと考えると、今回2200からの短縮+多頭数で位置を取れない可能性は十分ある。

 

 

 

⑤インダストリア

・トップスピードはそんなに速くないがパワーがあるので小回りコースで飲み込む形が合う。

・道悪や少頭数等、ダッシュ力の弱さをカバー出来る要素があるとベター。

 

◯:パワー、道悪、少頭数

×:トップスピード、ダッシュ

 

休み明けの前走の内容は力強く、個体の成長を感じさせる。向いている条件とは言えないがどこまで対応出来るか、試金石。

 

 

 

マテンロウオリオン

・接戦でも最後まで頑張れる精神力がある。

ダッシュ力と追走力がないので、延長や少頭数で位置を取りやすくなるのがベター。

・G1だとワンパンチ足りないので、軽い凡走後の延長でG2という臨戦が合いそう。

 

◯:競り合い、延長、(対応力)

×:ダッシュ力、追走力

 

前走はゲートでのトラブル。変わり身に期待される局面だがそもそも位置を取れない馬なので基本的には厳しい。蓄積疲労等はないので偶発的に位置を取れた場合は頑張れるタイミング。

 

 

 

⑦タイムトゥヘヴン

・毎回上がりは使えているが個体としては重く、基礎スピードはやや物足りない。

・上がりの掛かる差し競馬や、パワーを活かせる坂コースが合う。

・加速力はあるがそれを持続させるのは得意ではないので小回りコースが合う。

 

◯:パワー、加速力

×:ダッシュ力、基礎スピード

 

基本的には高速スピードの持続性能が問われる舞台なので厳しい。よほどハイペースになってバテ差しが決まるような展開破綻があれば。

 

 

 

⑧ファルコニア

・ディープ産駒だが上がりのトップスピードに特化しているタイプではない。

・これと言った武器はないがしっかり位置を取れて無難にまとめられるので、G3以下のセカンドクラスの混戦で前で出し抜く形を取れる。

 

◯:対応力、安定感、ダウン

×:トップスピード

 

ポタジェの弱いバージョン。G1凡走後のダウンで蓄積疲労がないタイミングなのでシンプルにいつも通りの前に行って残す形で自身の能力は発揮出来る。あとはトップスピード不足を立ち回りでどこまで補えるか。

 

 

 

⑨ショウナンマグマ

・精神力や対応力がないので先行して惰性でどこまで残せるかという一本調子な形になる。

・先行力があっても基礎スピードがある訳ではないので小回りコースでクルッと回って逃げ残す形がベスト。

 

◯:ダッシュ

×:対応力、精神力

 

舞台も合わないし、東京マイルで求められる基礎スピードのレベルに届いていない。可能性を生み出すとしたらパンサラッサの秋天パターン。

 

 

 

⑩ピースワンパラディ

・トップスピードが物足りないのである程度位置を取って持続力と精神力を活かしてしぶとく粘る形を取りたい。ポタジェ、ファルコニアと似たタイプ。

・自身で派手なパフォーマンスは出せないのでレース質や相手関係次第で着順が上下するイメージ。

 

◯:持続質、競り合い

×:トップスピード

 

人気落ちが合うタイプだし、持続質戦も良いがそもそも位置を取れるかどうか。叩き2戦目で少しでも前向きさが付加されていれば。

 

 

 

⑪カイザーミノル

・1400〜1800のスピード質の競馬で持続質と精神力を活かしたいタイプ。

・加齢の影響か、前向きさが少し弱まっているので優し目の条件の方が走りやすそう。

 

◯:基礎スピード、競り合い

×:格上げ、パワー

 

2年前の毎日王冠5着が、スピードの持続力ならポタジェと十分良い勝負が出来るというレースで強い内容。東京マイルは合っている。使い詰めだが2走前に阪神1400重賞があるのがスパイス的に効きそうな雰囲気はある。紐でなら。

 

 

 

⑫シュリ

・緩いレースでスムーズに先行出来ればしぶとく残せるタイプ。

・前向きさやトップスピードを問われると厳しいのでダウンや延長が合う。

 

◯:スロー、ダウン、延長

×:短縮、トップスピード、格上げ

 

ペースや展開等全て完璧にハマって関屋記念の2着が最高。そこよりはワンランク上のスピード要求がある舞台なので若干苦しい。スロー前残りに張るならなしではないが。

 

 

 

⑬サクラトゥジュール

・上がりの掛かるタフな差し競馬がベスト。

ダッシュ力がない割に前向きさが強くて折り合い難。短縮ハイペースでコントロールを効かせたい。

 

◯:パワー、体力

×:ダッシュ力、トップスピード、折り合い

 

理想的な短縮臨戦で連続好走して来た蓄積疲労はリズムで打ち消せる。トップスピードはあまりなく、位置を取れるかというよりはハイペースで外差しに展開が傾けば、というタイミング。

 

 

 

⑭エアロロノア

・位置を取れないので少頭数かダウン臨戦でカバーしたい。

・強い相手に対してどうこう出来る強い精神力は持っていない。

・瞬発力特化タイプのイメージがついているが案外持続質っぽい強さも見せている。

 

◯:トップスピード、ダウン

×:ダッシュ力、相手強化

 

前走はダウンと内枠を最大限活かしてこれまでで最高の位置取り。ダウンにしっかり反応して走った後なので嫌いたくなるタイミングだが、ここ3戦の内容に充実を感じる。人気が落ちるのであればおかわりしてみても良さそう。

 

 

 

ナミュール

・心身のタフさが薄く、少頭数戦や高速馬場等、心身に負担の少ない条件で運動神経を活かしたいタイプ。

・エネルギーが充電されている休み明けなら苦手な局面でもある程度対応出来る。

 

◯:瞬発力、トップスピード、休み明け

×:連続好走

 

金鯱賞とか、マイルにしても少頭数になりやすいマイラーズCならこなせたかもしれないが、大幅短縮+多頭数のマイルで少なからず追走の苦がある。積極的に買いたくはない。

追走さえ問題なければタイプ的にはレース質の軽い1400や1800が合いそう。

 

 

 

プレサージュリフト

・体力が豊富なのである程度位置を取って飲み込むような形がベスト。

・休み明け、少頭数、外枠、延長向きの分かりやすいタイプ。

 

◯:少頭数、休み明け、延長、体力

×:ダッシュ力、競り合い

 

思っているほどトップスピードのある激しい追い込み馬ではない。今回は多少位置を下げて来ると思うが、物理的に届く位置で留められるかがポイント。冬時期のリズムのある牝馬なので安易に切るのは避けたいが、そもそもそんなに強くない。

 

 

 

【評価】

◎ウインカーネリアン

◯ファルコニア

▲ピンハイ

△エアロロノア

 

ウインカーネリアンの単複メインで!

2023 シルクロードS 回顧

【評価】

◎キルロード

◯マッドクール

▲シャインガーネット

△トウシンマカオ

×ナムラクレア

×ウインマーベル

 

 

1着:ナムラクレア MS(C)

個体として1400寄りだからなのか、休み明けの始動戦で若干遅れを取ったのか、前向きさが主張されたS系のスプリンターという挙動ではない。長い直線を使ってギリギリ間に合わせたという内容。1200に関してはS要求の強い小倉・中山で人気を裏切り、函館・中京で人気以上に走っている。

こなせる条件でしっかりとエネルギーを放出して勝ち切れる所はこの馬の良さでもあるが、だからこそ次走は疑って見る方向性。抱えた苦を打ち消す材料が薄いし、タイプ的にもそういう資質が明確にある訳ではない。

 

 

2着:ファストフォース LS

L的な舞台で先行させればスピードの持続力が効くというイメージで良さそう。いつも通り先行して凡走続きだとリズム由来の駆動に影響が出そう(Sの後押し不足)だったが、ここ2走で差し競馬をしていたので今回の先行に対してのフリが効いた、ジャンプの前のしゃがみになっていたイメージ。馬体を絞ってしっかりジャンプもしての好走なので基本的には反動が出そう。この馬が充実期っぽくこの次を耐えるかどうかの判断になる。

 

 

3着:マッドクール LS

ここで底が見えた。条件戦連勝のリズムを使うという観点だと、非Cっぽさのあったこの馬にとってここでの逃げというのはとっておきの手だったと思う。基本的にダウン向きの個体。

 

 

4着:トウシンマカオ LS

このタイミングでの大幅馬体増はキツい。元々前が残るレースを壊せるほど破壊的なSのエネルギーを使える馬ではないので、摩擦とかトラックバイアスみたいな苦条件を自力で超えるのは厳しい。外差し馬場の外枠がベスト。東京1400にいったらサクッと勝てそう。

 

 

5着:マリアズハート LM

1200に限るとOPですら2着が最高で1回も勝てていないので能力的に限界という事で良いかなと。逆にこの馬がスプリント重賞で馬券内に来るとしたら道悪や超ハイペース等の展開破綻が必要。悪い馬ではないがもどかしい。

 

 

6着:シャインガーネット LC

この馬なりにじんわり走ってはいるが、個体の中にS的な上げ幅は持っていないので淡白な先行馬で決まってしまうレースだとこのあたりが限界。昨年の2着は1400のOPを凡走した後の短縮で前に行く逆位置取りという、動ける状態である事を利用した力技だった。今回のような可もなく不可もない平行線な臨戦だとどうしようもない。

 

 

7着:ウインマーベル CL

G1激走後の休み明けで大幅馬体増。反動が残っていたのか、仕上げて来ていなかったのか、そういう理由での出遅れかなと思う。あとは斤量負けも多少。昨年の頑張りでエネルギーが枯れてしまっている可能性もあるので要注意。本質的にはそこまで前向きさが強いタイプではないので中山より中京。適条件ではあると見ているが次走巻き返せるのかどうか。重賞では内枠の方がベター。

 

 

8着:ショウナンバニラ CL

やはり悪い馬ではないがパンチが弱い。あまり強くない相手に対しての内枠で。これも前向きさは強くないので緩い側のコースで。

 

 

9着:エイティーンガール CL

引退。

 

 

10着:シゲルピンクルビー L

自身より弱い相手に対して体力を活かして惰性で前で残すタイプ。出遅れてしまい、直線で巻き返すような素振りもなく淡白な凡走。ダウンでL的な条件で巻き返せなかったら不振期を疑う。

 

 

11着:カイザーメランジェ L

前走の休み明けのOPでもキツかったくらいなので重賞では何も期待出来ない状態。

 

 

12着:キルロード SL

この馬の感覚としては前走休み明けである程度楽に走った後の外枠替わりで追走に使うエネルギーが増えた事で楽→苦になった可能性はある。高齢馬らしく淡白さは増している印象なので交互もしくは休み明けで。

 

 

13着:レイハリア (S)

リズムの悪い先行馬。

 

 

14着:テイエムスパーダ (S)

リズムの悪い先行馬。

 

 

15着:グルーヴィット LC

休み明けで道悪だった前走がよっぽどハマったという事。7歳という事もあって連続好走出来るようなエネルギーは今はない。淡白なので休み明けや交互のタイミングで。

 

 

スクリーンショット 2023-01-31 23.58.42.png