最強競馬ブログランキングへ

賭ける魂

Mの法則を基にした競馬予想ブログです

スプリンターズS;予想

2019.9.29 スプリンターズS
中山芝1200 16頭
馬場は軽過ぎでもなく、かといって重くはなく、通常〜やや軽めくらいのイメージ。内前がやや有利。

 

【個別分析】
❶アレスバローズ(ディープインパクト×トニービン) S(C) SM
C質を結構見せていたが主導はSっぽいかな。昨年のスプリンターズと京阪杯が一時的なSの不振っぽい。前走は出遅れから外を回しただけなので悪くない内容という事でいいと思うが近走Sの躍動感みたいな部分が感じられない。動けてはいるのだが末が毎回ちょっと甘い。Sの不振期は抜けていると思うが、現状はまとまりとか均衡っぽいという見方も出来る感じで見ている。CBC賞も2着に来てはいるが弾けての2着という感じはしないし。今回一応交互のリズムを踏んでいて、前走の出遅れもあるので反発するタイミングではあるのだが、この臨戦でドーンと反発するには近走のまとまりっぽさが気にかかる。G1の舞台でしっかり走れるタイミングの相手が多いので、内枠からまとまりで破綻待ちというのでは厳しく、北九州記念の時のように自身でSを弾けさせて内をグッと突く必要がある。今回それが出来る状態かとなると微妙かなと思う。巻き返して来ても3着までかなというイメージ。人気が無いので無理して嫌わなくてもいいとは思うが。

 

❷ダノンスマッシュ(ロードカナロア×Hard Spun) SM量
これは普通に評価すれば良いと思います。前を見ながら行かせて内からロスの無いレースが出来て、直線で馬群を割れるC質もしっかりある。ストレス、疲労もあまりなくて普通に走れる状態。前走はタイミング的には能力全開の場面だったが、走りの質がダウン質でL全開!という感じもしないし、差してきて激走!という感じもしない良い勝ち方だったかなと思う。能力の高い馬がまだまだ奥を感じさせながらソツなく前哨戦をこなしましたというイメージ。馬券内という意味では切らない方が良いと思います。あとは他馬の評価次第で印の位置を前後させるような感じで。1人気じゃないのは多少楽。

 

❸セイウンコウセイ(アドマイヤムーン×Capote) SM(C)
歳を重ねているがまだしっかり前に行けているし、しぶとさもあるが流石にまとまってきている感じはある。前走は普通なら「逃げた後で苦しかったのに0.5差の6着なら悪くないね」という評価になると思うが、個人的には結構ダラっとしているように見えていて、これがこの馬の現状の本来の姿なのかなと感じている。高松宮は内前残り、CBC賞は道悪の逃げ、とこの2つはごまかせる要素がかなりあったが故の結果かなと。今回逃げの位置取りを取れる場面だが逃げ宣言のモズがいるし2〜3番手になるかなと思っている。そうなるとこの馬としてはオプション無しでのポテンシャルだけでの勝負になるのでキツい。仮に逃げられたとしても現状のまとまり感だと頑張っても掲示板くらいかなと思う。

 

❹リナーテ(ステイゴールド×Orpen) 量(LC)
普通に考えたらターコイズSの時のように格上げ内枠を苦にして軽く詰まって7〜8着という感じだと思うが、まだ量で勝負している感じで本質が見えていない雰囲気があるのが怖い。唯一京都牝馬の2着が苦→楽で活力があったように見えるのでLっぽいという可能性も高いと思うのだが、京王杯とUHB賞とキーンランドは活力を感じない走りのように見える。馬の気持ちとしてまだ本気を出さずに自身の量だけで8割くらいのパフォーマンスを続けているようなイメージ。京王杯は全開のタワー、キーンランドは格のダノンと内でちょろっと来たタワーという事で負けているのにも理由があって、ポテンシャルで敗れたというような感じは無いようにもとれる。今回は格上げで内枠に入り確実に本質を問われる場面。初G1の鮮度もあるので量ではなくガチンコのポテンシャルを見せるような競馬が出来ればもしかしたら面白いかもしれない。ただそれにはこの鞍上では物足りないし、やっぱりターコイズで弾かれているという事実もあるので強くは推せない。「まだ本気を出していない感(量だけでの走りっぽい)」という部分だけが気になっている。本質が出た時に跳ねて圧勝するようなSっぽさも現状見えないのでやっぱりキツいのかな。興味はある。

 

レッツゴードンキ(キングカメハメハ×マーベラスサンデー) M(SC)
SCベースのまとまりというイメージ。良い馬だが流石に7歳牝馬でこの臨戦でここを突き抜けるのは考え辛いが不気味なのは確か。高松宮のレースを見るとまだやれそうな感じもするし。休み明けでスプリントのG1という事でレース質がかなりキツくは感じるはずで、その部分でピンかパー感も否めないので本命という感じではないがこれはある程度評価しても良いのかなと思う。人気もないのでこの時点で、休み明けとかS不足で来ない方にヤマを張るよりは個人的にはとりあえず押さえておきたいというイメージ。

 

❻ノーワン(ハーツクライ×Caerleon) S
Fレビューの時の短縮での爆発力というのは確かに感じた。最内からで馬群を全然苦にしない感じもあった。良い臨戦だったプールヴィルをほぼ差し切っている事からポテンシャルもある程度は認めていいと思う。Fレビューを激走した後で完全逆質のレースになった桜花賞の凡走はギリギリ許容出来るし、オークスの凡走もFレビューからすると逆質なので凡走も頷ける。ただどちらももう少しまとめて欲しいというのが本音。休み明けでどういう感じで出てくるのか分からない状態で初の1200。Fレビューで短縮適性を見せた事を考えると初の1200に関しては対応できてもおかしくはない。春のG1の2つをまとめられなかったポテンシャル面を考えると今回に関しては自力でというよりは破綻待ちのようなイメージにはなる。Hペースで前が崩れるような展開なら人気的にも期待値はそこそこあると思うがこれを押さえると流石に点数が増えすぎるという感じ。ほぼどんな展開でもダノンは崩れないと見ているので残り2つの席と考えると流石にこの馬は押さえなくてもいいかな。個体としては評価しているが。

 

❼モズスーパーフレア(Speightstown×Belong to Me) SL
前走の内容がやっぱり良い。全体としてはHペース外差しの結果となった決して軽くないレース質の中で、大幅馬体増+逃げられないという条件で4着にまとめたのは立派。ダイメイプリンセスが本質で勝つようなレースで好走出来るようなタイプでは無いはずで、かなり目を惹くレースだった。馬体増を考慮すると個体の成長で本格化という見方も出来る。そして今回は逃げ宣言を出しており、もし本当に逃げられれば位置取りまで掛かる。セントウルのようにかなり軽い質の馬場・レースになれば普通に逃げ切りそう。前走の挙動的に今は精神的なS質でショックとかで走っているというよりは単純に能力で走っているような印象。なので個人的にはもちろん逃げた方がオプションという意味でも期待値は高いが現状は控えてもそこそこやれてしまうくらいの状態なのかなと思う。ただがっつり人気になっているのでダノンとかに目標にされてしまうと多少苦しいかなと思う。

 

❽タワーオブロンドン(Raven’s Pass×Dalakhani) LM
前走の圧勝はやはりSではなく摩擦薄の得意なレースを外からLで飲み込んだように見える。弱い相手の楽なレースを圧勝した後で中枠に入り、馬個体としてはやはり期待値は下がる局面。ただ馬場が軽かったりしてレース質も軽い方に傾くとまたしても馬券内に持って来られるというイメージで良いと思う。ただ何より多頭数のG1という事でレース質が軽くなる方で考えるよりは前に圧が掛かって摩擦もある方向で予想は組み立てた方がいいと思うのでこれは評価は下げる局面。去年セントウルと本番を連勝したファインニードルとはタイプが違う。それでも能力は高くて、ルメールという事も考えると完全にダメでした〜というような競馬にはならないと思うのでそこそこはまとめて来そう。頭という意味では厳しいと思うがまとめての3着くらいなら全然あり得る。予想として評価は下げる局面だと思うが、馬券を当てるという意味ではやられる可能性もあるのでこの馬を押さえるというのも別にアリだと思う。

 

❾ディアンドル(ルーラーシップ×スペシャルウィーク) SC
全く底を見せておらず単純に強いと思う。これはみんな言っているが前走ハイペースの外差しの中で4着のモズと2着のこの馬は前目でしっかり残っていて、しかもこの馬に関してはゴール前で沈むかと思いきやもうひと伸びしている。1つ1つのレースの間隔もしっかり取られており常に良い状態で使われているのも良い。重賞も2回目でG1は初。かなりの鮮度と勢いと前向きさがあってこれは切らない方が良いと思っている。前走の走りから、このスプリント路線でも十分やれるだけのポテンシャルも感じているのでこれはしっかり評価します。ダノンががっつり勝ち切るタイプではないのでどちらかと言えば頭という意味ではこっちの方がイメージは出来る。3歳牝馬とは思えないパフォーマンス。

 

➓ラブカンプー(ショウナンカンプ×マイネルラヴ) S
毎回先行出来ているが前走の走りとかを見ると今はもうキツいかなという感じ。全く抵抗出来ていない。

 

マルターズアポジー(ゴスホークケン×Old Trieste) S
これはもう良いでしょう。

 

⓬ダイメイプリンセス(キングヘイロー×ダンスインザダーク) SL
北九州記念が走れるタイミングで、時計の掛かるパワー系のレースでハイペース外差しの展開で差してくるという競馬。9人気1着の激走後の前走はそもそも走れない状態だったのに加えてレース質がかなり軽くて北九州記念とは全く逆質のレースだった。合わない質のレースでも最後ある程度まとめて来ているのは状態が良いという事で見ている。今回は交互で◯×◯のタイミングになっており、G1で前に圧が掛かって激戦になった所を外からズドンというのが理想だが、残念なことに馬場が軽めでどちらかと言えばセントウルの時のような前々で決まりそうな感じになっている。大外一気ではハイペースだとしても届かないような馬場。雨が降ったりしたら面白かったが軽い質のレースだと評価は上げづらい。

 

⓭ミスターメロディ(Scat Daddy×Deputy Minister) SM
これは完全にまとまり系の人気落ちでかなり乗りやすい局面。位置取りも毎回悪く無いのでダノンの後ろくらいを取れれば完全に空気になれて着を拾う競馬がかなりしやすいと思う。正直ダノンの後ろで3着だけを狙う競馬に徹すればほぼ取れるくらいのイメージ。高松宮を勝っているが自力で勝ち切りました!という馬ではないので本質的には今回のような人気落ちの状態でまとまり感を活かしてというタイプだと思う。内枠ベターだったかな。前走イベリスにがっつりやられているのは弱く見えてしまうがそれでもここは評価しても良いタイミング。

 

⓮ハッピーアワー(ハービンジャー×ディープインパクト) L(S)量
前走は出遅れからの大外ぶんまわしで酌量の余地はある。1200の流れもキツそうな感じではなかったのだが、タイプとしてLとか量寄りに見えるのでそもそも1200のせかせかしたレース質が合っていないと思う。素質は結構感じているのだがやっぱりスプリンターズSで馬券内という馬には見えない。前走出遅れからの今回横山に乗り替わりで急な先行策とかになったとしても位置取りショックを掛けてSっぽい流れを前で受けて押し切れるようなタイプでもない。タイプとしてはステルヴィオとかエアウィンザー的なイメージ。外枠は悪くないし、ポテンシャルも評価しているのだがここは評価を下げるべきか。ここまで人気が無いなら単勝100円くらい持っておいても良いけど。

 

イベリス(ロードカナロア×ボストンハーバー) SM(C)
意外と良い馬で、前走の控えての好走はFレビューの4着と被る。Sがっつりの逃げ馬!という感じではなくて安定感とかまとまりっぽい所がある。Sの波のある感じの不安定さをあまり感じない。また、前走直線に向いた時にがっつり馬群に入れられそうになっていたのだが外にいたミスターメロディをがっつり競り落としてこじ開けている所に精神力とか底力を感じた。同じ逃げ馬のモズスーパーフレアとの比較だと軽さとか絶対的なスピードではモズの方が上で、苦に直面した時の頑張れる感じとかはこの馬の方が上かなというイメージで見ている。Sが強くはないのだが逃げられなかった逃げ馬で楽に感じれば普通にパフォーマンスは上げるので逃げられるのが理想だったが今回は控える宣言が出ておりモズを前に行かせて2〜4番手くらいのレースになりそう。そうなると単純なポテンシャルの勝負になる。モズが目標にされて早めに内でダノンに潰されるような展開になるとその流れに入らずに済んだこの馬は前で最後競り合って粘り込めそうなイメージも湧く。あんまり舐めない方が良さそう。

 

⓰ファンタジスト(ロードカナロア×ディープインパクト) LM
前走はいきなり位置を取れてかなり軽いレース質でスピードを発揮できたという感じでほぼ事故的な捉え方をしている。0.5差の2着以上の何かは感じないし、特別な強さも感じなかった。軽さへの適性があったという事で良いと思う。そして今回だが、馬場が前走ほどではないが軽めで外枠。前走のように位置を取れればある程度は走れてもおかしくない状態にはなっていると思う。鞍上もこのタイミングでわざわざ控えたりしないだろうし前目でスピードを活かしてある程度粘り込むようなレースになると思う。7人気2着の激走後だが今回人気を背負って格上げになっているわけでもないのでストレスの影響はあんまり気にしなくて良いかなと見ている。外から揉まれずにそこそこの位置を取ってある程度自分のやりたい競馬は出来たけど6着みたいなイメージかな。ここで1〜2着に入れるほどのポテンシャルはまだ感じない。


【予想】
◎❾ディアンドル
◯❷ダノンスマッシュ
△⓯イベリス
△❼モズスーパーフレア
△⓭ミスターメロディ
△❺レッツゴードンキ
×❽タワーオブロンドン


ほぼディアンドルとダノンの一騎打ちで、馬連でこの1点かなと思っている。残る1席を3番手以降の馬で争うようなイメージで予想は組み立てました。3頭目に何が来るか考えた時に前にいるモズとイベリスについては、モズは逃げの位置取りがあるから切りづらい。ただ人気になっているので目標にされて潰されればあんまり踏ん張れるタイプではないのでそうなるとしぶとさのあるイベリスも前の馬という意味で拾っておきたい。あとは着拾いに徹すればという意味でミスターメロディは普通に押さえる。そしてピンかパーだが人気とポテンシャル的にドンキも拾っていいと思う。そして最後にタワーだが、これは評価は下げた方が良い事は確かだと思うがかと言って完全に消せる感じではないというのが本音。上2頭をがっつり絞っているので3頭目でタワーを拾っても問題ないというイメージであえて印をつけて押さえている。