最強競馬ブログランキングへ

賭ける魂

Mの法則を基にした競馬予想ブログです

神戸新聞杯;回顧

2019.9.22 神戸新聞杯

阪神芝2400 8頭

37.1-(1.03.4)-(2.05.3)-32.3 スローペース

 

1着;サートゥルナーリア L(S)量
能力は高く、タイプ的にほぼ全開のこの場面はこのくらい走っても全然おかしくない。ヴェロックスに一度も並ばせず早め抜け出しの危なげない競馬。特にコメントは無いが圧勝後の格上げ内枠で揉まれたりすると苦には感じる。それでもダービーで苦を味わった状態でもしっかり自分から動いてまとめて来ているのでやはり能力は高い。

 

2着;ヴェロックス SC
ダウン少頭数のここは向いている場面じゃなく、スローからの上がり勝負も向いていないのでまあこのくらい。場面設定の差がサートゥルとはかなりあるので、この着差をそのまま受け取らなくて良いかなと思う。今回能力だけでの2着なのでやはり単純に3着以下と比較すると能力は高い。重い所で激戦になったりするとかなり強い。

 

3着;ワールドプレミア LM
走っても良い場面でのこの3着で、ポテンシャルが足りないかな。躍動感もあったし。レッドジェニアルには勝てるけどヴェロックスには勝てないというレベルでいいと思う。ひとつ不気味なのは素質はやはり高そうなのにまだ弾けていない所。どこかでズコンと一発ありそうな気はする。

 

4着;レッドジェニアル LM
ちょっと物足りないかな。速さでワールドプレミアにやられてポテンシャルで上2頭に負けた感じ。この軽い条件でヴェロックスに勝てないとなると世代間の勝負ではキツいのかなという印象。

 

5着;ユニコーンライオン SC SM
まずこの位置では無理だし、この軽い質の競馬もキツい。直線の走りで集中出来ていないような素振りも見えるので、体力パワー寄りのSC系という感じのイメージで良いかなと思う。これは良い布石が打てている。