最強競馬ブログランキングへ

2021 秋華賞 予想

【個別分析】

①スルーセブンシーズ LS SL

セカンドクラスのLS系差し馬で、前走のようにタイミング次第では馬群も割れるがストレスを抱えたこのタイミングでの内枠は良くない。基本的に重さを抱えているので活性面の考慮は常に必要。この辺は後付けで血統を見るとなるほどなと思う。

 

②ステラリア SM

オークスで外から先行してソダシに圧を与え続けたのは今後に向けてはプラスに働く経験になったと思う。完璧な競馬をしたエイシンヒテンに馬なりで勝てるくらいのレベルにはあるのだがG1でとなるとどうしてもワンパンチ足りなく見えてしまう。ただ今回のタイミングは無理に消す必要はないと思います。他馬の破綻があるのが条件にはなるが3着なら可能性は0ではない。

 

③クールキャット MS

人気落ちもあるし前に行けば大きなショックが掛かるタイミング。パチモンで弱かったという可能性もなくはないがひとまず陣営も気にしているように内回りの阪神20という舞台だけで今回は評価を下げる。能力とか馬質の見極めは保留したい。

 

④ソダシ SL

前走の札幌記念はそんなに動けていない古馬勢を相手に新鮮なSをフルに使っての先行勝ちで、個体として内容が濃かったかとなると違う。世代間ではSの保有量はトップという認識でいるが、1人気でマークされて明確に受ける立場になると量が削がれてS以外の本質の部分の要求が出て来る。基本はS突っ込みキャラで、Cや量のバックボーンをしっかり使って札幌記念秋華賞を連勝するような馬質には見えていない。

 

エイシンヒテン SM

綺麗なS系だがある程度しっかりしたものを補完で持っている。ここ2走の挙動は悪くない。前走が休み明けの逃げで楽を感じて出し切ったという訳ではなく、1つのまとまったキャンペーンとして充実しているイメージ。重賞を使って経験を積みながらも2走前に条件戦を挟んでいるという面白い臨戦。今回も引き続き逃げるというのは条件だが前走のストレスは消せる可能性があるし展開次第では残れても良い。

 

⑥スライリー SL

しっかり走ればそこそこなのだがS主導で明確に淡白な馬。楽を引けるタイミングがベター。前走はそのタイミングだったのだがオークスの大敗が影響しているのかリズムを崩している。

 

⑦サルファーコスモス CM

休み明けでボヤける分かりやすいC系で、補完はS質というよりはM寄りのイメージでファイティングな感じはないが綺麗な造りではある。タフな経験がないというマイナス要素はあるが、良馬場ならマイルからの異端臨戦とそれによる活性面での優位がかなり大きかった。格上げへの対応はC質でクリア出来るのでほぼ完璧なタイミングだったと思う。道悪になって他馬の活性化が免除される事によって地力とかパワーの要求度が上がるのがかなり勿体ない。

 

エンスージアズム ML

これは能力的にも臨戦的にもほぼノーチャンス。

 

⑨アンドヴァラナウト SM

ソダシと同じようにSが表に出ているタイプ。本質がSCなのかSMなのかSLなのかは今の鮮度状態では判定出来ないので保留で良い。前哨戦を走ったストレスは消せるタイミングなので単純にリズム面を優位に取ってOKで、それなりに走って来る想定であとは相対的な能力比がどうかだけ。好みの挙動ではないがメンバー中唯一の連勝馬だしやはりここも消さない方がベターかなと思っている。走法面は専門外だがいわゆる道悪OKなピッチ走法でしょう。タイミング的にも大阪杯のレイパパレのイメージ。

 

⑩アールドヴィーヴル ML

体力補完のM系。能力の線引きとして前走は最低限連対が欲しい場面だったので3着という結果に対しては厳しく見る。道悪で活性面が免除されても単純に能力面で厳しいという評価。

 

⑪ユーバーレーベン LC

体力優勢の精神力補完タイプでSはやや弱いが地力はかなりある。サトノクラウンのイメージ。オークスは基本的に体力差しの要求がかなり強いので適性的にドンピシャだった。そこから休み明けで内回りの阪神20というのはタイプ的には合わないのだが、道悪によって活性面が免除されて体力とかパワーの差しが要求されると切り辛い。C系ではないので休み明けでボヤけていて動けないという心配はない。肉体面が仕上がっていて道悪が残れば来れる。本当はここを良馬場で活性負けしてから道悪のエリ女でというのが完璧な臨戦だった。

 

⑫アカイトリノムスメ M

世代間においてまずクラシック路線でしっかり戦えていたというのはこの段階では1つの評価基準にして良い。春の2戦の着順の合計が今回のメンバーの中で最も小さく、ここでバランスの良さとそれなりの能力がある事を示している。逃げでも先行でも追い込みでもない普通の差し競馬を普通に出来るというのは今回の横比較においては好感。ポテ証明的なベースとなるものをしっかり持っておきながらも前哨戦を使っていない臨戦面での優位がかなり大きいのでそれを含めた総合判断になる。

 

⑬ホウオウイクセル SL

セカンドクラスの位置にはいる。前走は大幅出遅れ、桜花賞は外枠と着順を落としている要因がはっきりとあるのでまだ本質的に弱いとは決めなくて良い。道悪のダウンならそれなりでも来れたと思うが、このリズムからG1という舞台で巻き返すとしたら内目の偶数枠でスタートを決めて逃げとは言わないまでも2〜3番手くらいまでのショックが欲しかった。

 

⑭ファインルージュ SM

鮮度面ではアンドに劣るので前哨戦勝ちのストレスを消すという観点で見ると負けているが、本質の部分はこちらの方が良質だと見ている。前走は休み明けベストの前哨戦ホースが凡走後のダウンで楽にやっちゃったというよりは単に弱い相手に格を示したに過ぎない圧勝という印象の方が強い。桜花賞は完全にソダシに量を纏わせるような置きに行く乗り方で、勝負の土俵に立っていないので明確に負けたという印象ではないし、オークスは陣営も認めているように仕上げを失敗していたのとタイプ的に逆質なので酌量出来る。フラットにやったら単純に強いと思うがどうだろうか。

 

⑮アナザーリリック LS SL

NHKマイルの挙動が物足りない。ダウンホースとは言わないが格に従順なLSの差し馬のイメージ。

 

⑯ミスフィガロ CL

この馬なりに集中状態にはあって前走のストレスは鮮度で消せるのでそれなりには走って来る。頭を獲り切るほどの資質は感じないがかと言ってこのタイミングで全くの凡走というのは考えづらい。ファインルージュと0.3差の能力レベルで、あとは展開次第で着順が変わって来る。

 

 

【評価】

◎アンドヴァラナウト

◯アカイトリノムスメ

▲ファインルージュ

エイシンヒテン

消アールドヴィーヴル

 

期待も込みで好みのファインルージュに行くか、ベタベタの無難アカイトリに行くか。

最終的に結論を出すのに重視したのは削ぎ落とすベクトルの考え方です。期待、安定、願望、傲慢、そういう邪念とも言える思考をどんどん削ぎ落とした時に残るのはアンドヴァラナウトかなという事で◎です。この削ぎ落とした先の位置にいる馬を素直に買い切る潔さ、力強さを身に付けたいとこの頃よく考えています。

 

ソダシは展開次第では圏外まであるという判断で、かなり買いたくないタイミングです。切るか切らないか微妙なライン。

あとは馬場次第で道悪ならユーバーレーベン、良馬場ならサルファーコスモスを追加というイメージです。