最強競馬ブログランキングへ

賭ける魂

Mの法則を基にした競馬予想ブログです

七夕賞;予想

2019.7.7 七夕賞
福島芝2000 16頭
逃げ先行馬が多い。馬場は少し重いくらいの想定。

 

【予想】
◎❶エンジニア
◯⓰クリノヤマトノオー
▲⓯クレッシェンドラヴ
△⓬ミッキースワロー
×❸ロシュフォール
×❼カフェブリッツ
×❺ストロングタイタン
【短評】
外枠の2頭はどちらも枠が痛恨ですね。乗り方次第な所が出てきてしまってリスクも増えたので馬券的にはあまり強くは評価出来ませんでした。馬単体としてはクリノヤマトノオーはかなり評価してます。エンジニアは来ない可能性もあると思いますが期待値的に本命という感じです。なので馬券としては上位4頭の馬連BOXかなと思っています。ロシュフォールはリズムは良いですがやっぱり軽い?と思って評価を下げていますがちょっと掴みづらい感じもしています。

 

 

【個別分析】
❶エンジニア(Sea The Stars×Oratorio) SC 松風馬事センター
重くて精神力のあるタイプ。前走は休み明けで高速の東京1800の外枠という事で全く合わない条件。それでも出遅れからある程度上がりを使って前向きさも見せていた。良い凡走。鮮度を持った状態で重賞挑戦となった新潟記念はブラストワンピースの量勝負に潰されてしまったがそれでも4着で頑張っているし、ここで適条件での格上げはかなり良い臨戦。前走出遅れているため軽い延長で中団前目の位置を取りたい。プラス要素がかなり多い。

 

ロシュフォール(キングカメハメハ×フレンチデピュティ) SL(C) ノーザンF天栄
ここまでほとんど軽い所でしか走ってきていないが本質的には血統的にSっぽい部分も持っていそうな感じはする。前走の馬群を抜けての追い比べでは精神力も見せたし、馬柱上の印象よりはしっかりした馬だと思う。個人的にはあくまで軽い所に適性があるけれどやや高いレベルでまとまっているため今回の重めの質のレースでも血統的下地を活かして掲示板にまとめて来るというイメージで見ておく。前走がっつり追い込んでいるが1人気3着で致命的なストレス疲労は抱えておらず、今回は時計の掛かる重めのレース質という事で鮮度もある。ただそれでもブチ抜いて来るイメージは湧かない。3〜5着で。停滞したメンバーの中でリズムと鮮度を持っているので切りづらいですね。

 

❹ソールインパクト(ディープインパクト×Exchange Rate) M 在厩
完全にまとまっているタイプで前走激走した後の短縮内枠で基本的にはキツい局面。それでも久々の2000mというカテゴリー鮮度と前掛かりの展開でレースの破綻があればもう一丁3着なら可能性は一応あるかなと。

 

❺ストロングタイタン(Regal Ransom×Tiznow) L体力 ノーザンFしがらき
L主導で体力で押すタイプの馬。自身が走れるタイミングで体力を求められる展開になれば走ってこれるようなイメージ。今回は休み明けという事で自身は走れるタイミングで、展開的にも先行馬を行かせてその後ろくらいにつけられれば展開的にも向きそう。パンチ力に欠けるが別に悪くもないかなという印象。内枠はそんなに良くないけれどそれで消すほどでもないかなという感じ。

 

マルターズアポジー(ゴスホークケン×Old Trieste) オークリーフ
中山記念はそこまで悪くないかなと思っている。完全な苦→楽の臨戦でダメだったのでもうキツいという見方ももちろんあると思うが、先着を許した相手は皆そこそこ強いメンバーだしこの馬自身もそこまで垂れてはいない。前走のダービー卿はオーバーペースという事でギリギリ酌量の余地はある。今回休み明けの逃げ馬でこれでダメなら本当にダメなのだろうが、まあそれでももう既に終わっちゃっているかなとも思う。

 

❼カフェブリッツ(マンハッタンカフェ×Stravinsky) SL LS ノーザンFしがらき
ダート→芝だった阪神1800のレースの内容は悪くない。その後ずっと長距離路線を使われていたがパッとせず今回久しぶりの中距離。今回は間隔を空けてのダウン臨戦でこの馬には合いそう。そこに鮮度を持った状態で適距離戻りというのもあるのでこれは穴で少し面白いかなと思う。

 

❽タニノフランケル(Frankel×Tanino Gimlet) LS 在厩
昨秋〜冬の流れはそこそこ強かったと思うが前走の鳴尾記念が少しがっかり。休み明け馬体減で出てきており、それまでの疲労が抜けていなかった感じはする。しかも逃げられなかったので苦であったとは思う。それでもアッサリし過ぎててやっぱり強さを感じない。今回馬体を戻して出て来て逃げられればという考えも出来るが、このリズムで来ていて強さを感じない馬には手を出しづらい。そもそも逃げられないとも思うし。これは要らないかな。

 

❾ロードヴァンドール(ダイワメジャー×Storm Cat) LS 情報なし
これも2018年冬の一連の流れは強かったがここ最近はリズムが悪い。マイペースに逃げられれば体力の優位性で押し切れるというタイプなのだろうが今回はそういうレースにはならないと思うのでキツいかな。中距離でマルターズアポジーがいるようなせせこましい質のレースだと合わないと思う。

 

➓ベルキャニオン(ディープインパクト×フレンチデピュティ) LS 阿見TC(前走がしがらき)
軽い。この後のダウンの方が良い。

 

⓫ゴールドサーベラス(スクリーンヒーロー×Diesis) 高橋TC
前走短縮で激走した後の再延長。これは要らないでしょう。前走が買うタイミング。

 

⓬ミッキースワロー(トーセンホマレボシ×ジャングルポケット) SC 在厩
凡走後でストレス疲労が無い状態で、この馬自身の強さは確実にあるのでこのメンバー相手なら人気も落ちたしこれは基本的には押さえておいた方が良いかなと思ってます。ちょっと前目に付けてくれたらもっと良いんだけどな。

 

⓭ウインテンダネス(カンパニー×マジックマイルズ) C(S) 在厩
昨年の目黒記念は強かったが最近は躍動感が無い。休み明けを叩いた2戦目で短縮で久しぶりの2000mという事だがこのタイミングの外枠でいきなり巻き返して来るイメージが湧かない。

 

⓮ブラックスピネル(タニノギムレット×アグネスデジタル) LC ノーザンFしがらき
逃げるようになって戦績が安定してきた。小倉大賞典とかは反動ある中で苦のレースだったがよくまとめてきている。ただ今回は流石にキツい。前走の鳴尾記念を逃げて5人気2着と激走してきての臨戦で、マルターズアポジーがいて多分逃げられない。これは普通にキツくて普通に切りでいいと思う。

 

⓯クレッシェンドラヴ(ステイゴールド×Sadler’s Wells) CS テンコーTC
パッとしないメンバー構成で、リズムをつけて上がってきた馬で鮮度と異端性を持っている。かなり良いCとSを持っていてゴール前で馬体を併せた時の走りは魅力的。前走も出遅れからの大まくりで流石にラストは垂れてしまったがここに向けては良い負け方で、ここまでの4戦全ての内容が良い。C系という事で外枠は痛恨だがそれでもこのメンバー相手ならこの馬の良さから枠の分のマイナスを引いてもお釣りがある。乗り方次第では1着まで全然ある。上手く馬群に取り込んでゴール前も怯まずに果敢に攻めてほしい。

 

⓰クリノヤマトノオー(ジャングルポケット×アグネスタキオン) SC 宇治田原優駿S
かなり良い馬だが最近は枠に恵まれておらず位置を取れず追い込み届かずという競馬が続いている。前走はラストで少し垂れたような印象だがこれは追い込み続きの中で400mの延長で流石にキツかったと見ている。前走の最後の垂れ方を見て逆にある程度ここまでの疲労を吐き出せたのかなと感じている。逆瀬川Sの凡走もまさにそんな感じでS系っぽく一回しっかり吐き出すタイプなのかなと。完全に馬群を割れるC質もあるため内〜中枠に入って位置を多少取れればかなり面白かったが大外枠は辛い。ただそれでもリフレッシュされた状態でまだ位置さえある程度取れれば馬のタイプ的には期待できると思う。まさに逆瀬川S凡走後のサンタSへの臨戦のイメージで評価している。ジャンポケ産駒で上がり勝負になると速い馬に劣るかもしれないが時計さえ掛かれば普通に強いです。適性、タイミング共にベスト。